コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプサンチン

3件 の用語解説(カプサンチンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カプサンチン

 C40H56O3 (mw584.89).

 カロテノイド色素の一つで,トウガラシの赤い色素.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

かぷさんちん【カプサンチン】

 ピーマンには緑ピーマンのほかに赤ピーマン、黄ピーマンなどがあります。赤ピーマンは緑ピーマンが完熟したもので、黄ピーマンは品種が異なり、その色からバナナピーマンとも呼ばれています。
 赤ピーマンの赤色色素は「カプサンチン」という成分で、緑色色素クロロフィルが日光によって分解されることで生成されるものです。
 このカプサンチンには、カロテン以上の高い抗酸化作用があり、善玉コレステロール(HDL)、悪玉コレステロール(LDL)の両方の酸化を防ぐので、生活習慣病予防に役立ちます。また、血液中のHDLの比率を高めるので、余分なコレステロールを排泄(はいせつ)する作用もあります。
 一方、黄ピーマンは赤ピーマンには届きませんが、100g中ビタミンCが150mg、ビタミンE2.4mgと緑ピーマンよりも多く含んでいます。肉厚で甘みがあるので、生でも食べやすい点が魅力です。
 そして、新野菜として注目されているピーマンの仲間が「トマピー」です。これは見た目トマトのような形をした赤色のピーマンです。赤ピーマン同様、カプサンチンを多く含むので、高い抗酸化作用をもっています。栄養成分的には100g中カロテンを1900μg、ビタミンCを200mg、Eを4.3mg含んでいます。日常的に取り入れて、ビタミン補給に役立てたい食品の1つといえます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

カプサンチン【capsanthin】

緑黄色野菜に含まれる天然色素カロテノイドの一種。唐辛子に含まれる辛味成分。中枢神経を刺激してホルモンの分泌を促し、エネルギー代謝を活性化させて脂肪分解を促進する働きをもつほか、唾液・胃液の分泌を促進して食欲増進効果、胃腸内の殺菌作用、免疫力強化、疲労回復、風邪予防、健胃作用、肩こり冷え症の改善などに効果が期待できる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプサンチンの関連キーワードピーマンボーマン嚢ヨーマンリーキーマンショーマンブギーマンローマンノーズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプサンチンの関連情報