コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリン酸 カプリンサン

3件 の用語解説(カプリン酸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カプリン‐さん【カプリン酸】

capric acid炭素数10個の直鎖状の飽和脂肪酸。椰子油など多くの油脂中に含まれる。酸敗臭をもつ白色の針状結晶。水にほとんど溶けない。化学式CH3(CH28OH

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

カプリン酸

 C10H20O2 (mw172.27).CH3(CH2)8COOH.デカン酸ともいう.炭素数10個の飽和脂肪酸で,ヤシ油,パーム核油に多く含まれている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリン酸
かぷりんさん
capric acid

炭素10原子からなる直鎖の飽和カルボン酸で、デカン酸ともよばれる。バター、やし油、パーム油などの油脂に数%含まれているが、エルム種子油ではとくに多く、含有量は全脂肪酸量のおよそ50%に達する。不快なにおいをもつ白色結晶。水には溶けにくいが、ベンゼンエタノールエチルアルコール)などの有機溶媒にはよく溶ける。香料、潤滑剤、医薬品などの原料に用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプリン酸の関連キーワード吉草酸高級アルコール高級脂肪酸酸化炭素スフィンゴシンC1化学エイコサペンタエン酸共役複素数非素数短鎖脂肪酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプリン酸の関連情報