カプリン酸(読み)カプリンサン

デジタル大辞泉の解説

カプリン‐さん【カプリン酸】

capric acid炭素数10個の直鎖状の飽和脂肪酸。椰子油など多くの油脂中に含まれる。酸敗臭をもつ白色の針状結晶。水にほとんど溶けない。化学式CH3(CH28OH

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリン酸
かぷりんさん
capric acid

炭素10原子からなる直鎖の飽和カルボン酸で、デカン酸ともよばれる。バター、やし油、パーム油などの油脂に数%含まれているが、エルム種子油ではとくに多く、含有量は全脂肪酸量のおよそ50%に達する。不快なにおいをもつ白色結晶。水には溶けにくいが、ベンゼン、エタノール(エチルアルコール)などの有機溶媒にはよく溶ける。香料、潤滑剤、医薬品などの原料に用いられる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カプリン‐さん【カプリン酸】

〘名〙 (capric acid の訳語) 炭素原子一〇個をもつ飽和脂肪酸。酸敗臭のある白色結晶。油脂に主としてグリセリドとして含まれる。デシル酸。デカン酸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android