コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマキリモドキ Mantispidae; false mantid; mantispid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマキリモドキ
Mantispidae; false mantid; mantispid

脈翅目カマキリモドキ科に属する昆虫の総称。一般に中型で,前肢がカマキリに似た捕獲肢に変形しているのでその名がある。頭部は幅広く,複眼は突出するが単眼はない。触角は糸状で短い。前胸はきわめて細長く,前肢 (捕獲肢) がその前縁につく。翅は前後ともほぼ同形で細長いが,後翅は前翅よりやや小さい。翅脈はややあらく,横脈が少い。静止するときは翅を屋根形にたたむ。おもに夏季に出現し,小昆虫類を捕食するが,灯火にもよく飛来する。過変態を行い,第1齢幼虫はカンポデア型 (シミ型) の三爪幼虫で,クモの卵嚢やハチの巣などに寄生する。世界に約 250種,日本にはキカマキリモドキ Eumantispa harmandi,ヒメカマキリモドキ Mantispa japonicaなど5種ほどを産する。 (→カマキリ類 , 脈翅類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カマキリモドキ

脈翅(みゃくし)類カマキリモドキ科の昆虫の総称またはその1種。1種類をさす場合はキカマキリモドキのことをさす。体長20mm内外,黄褐色で,翅は透明。北海道を除く各地,朝鮮に分布。幼虫はクモの卵嚢に寄生,成虫は夏に現れ,小昆虫を捕食し,灯火にもよくくる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カマキリモドキ【false mantid】

脈翅目カマキリモドキ科Mantispidaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間は中型で翅は透明で開張14~60mm。前胸は細長く前脚は鎌形でとげのある捕獲肢となり,名が示すとおりカマキリに似ているが,分類学上は互いにまったく異なるグループに属している。熱帯から温帯にかけて広く分布し約400種が知られ,日本には8種が産するとされている。成虫は5~9月に山地に見られ,小昆虫を捕食し夜間灯火に飛来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマキリモドキ
かまきりもどき / 擬蟷螂
praying lacewings

昆虫綱脈翅(みゃくし)目カマキリモドキ科の昆虫の総称。クサカゲロウなどに似ているが、頭部、胸部、前肢(ぜんし)のようすがカマキリに似ているのでこの名がある。はねは前縁部が黄褐色または黒褐色、縁紋(えんもん)部が暗色などのほか、おおむね透明で翅脈が目だつ。静止時は左右のはねを腹部上に屋根形に置く。春から夏にかけて樹木の葉裏や低木上におり、昆虫を捕食する。夜間、電灯にも飛来する。卵はクサカゲロウのように長い柄がある。孵化(ふか)した幼虫は細長く、肢(あし)が発達していて、コマチグモ類の卵嚢(らんのう)に侵入して子グモを吸食し、脱皮するとウジムシ形になる。成熟すると卵嚢内で繭をつくり蛹(さなぎ)になる。世界の温帯から熱帯域に分布し、代表的な種は、体長10ミリメートルのヒメカマキリモドキMantispa japonicaや体長15~20ミリメートルのキカマキリモドキEumantispa harmandiで、前者は日本全土、後者は本州から九州にかけて分布し、両種とも朝鮮半島にも分布する。日本にはほかに、オオカマキリモドキClimaciella magna、ツマグロカマキリモドキClimaciella quadrituberculataが知られている。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カマキリモドキの関連キーワードEumantispa harmandi黒頸擬蟷螂網目蜉蝣目姫擬蟷螂擬大蟷螂三宅恒方螳螂擬擬蟷螂

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android