コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマハシ Rhinopomastus; scimitarbills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマハシ
Rhinopomastus; scimitarbills

サイチョウ目モリヤツガシラ科カマハシ属の鳥の総称。3種からなる。全長は 23~30cmだが,どの種も尾羽が長く,嘴は下側に湾曲し,三日月のような形をしている。英名和名もこの嘴の形に由来する。背面は紫色か緑色の金属光沢のある黒色で,ほっそりした体形をしている。アフリカサハラ砂漠以南に分布するが,3種の分布域は分かれている。疎林サバナに単独かつがいで生息し,樹上でおもに昆虫類を捕食する。湾曲した嘴は穴の中や溝を探るのに適している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマハシ
かまはし / 鎌嘴
scimitarbill

鳥綱ブッポウソウ目カマハシ科カマハシ属に含まれる鳥の総称。この属Rhinopomastusには2種あるが、ともにアフリカに分布し、全長約30センチメートル、長いくさび形をした尾をもつ。嘴(くちばし)が、長い鎌(かま)のような形をしているところからこの和名があるが、英名もまた、湾曲した嘴を三日月刀scimitarに見立てたところに由来する。体の色は金属光沢のある青緑色をしており、翼や尾には白斑(はくはん)がある。足の指は、第3指と第4指が癒着している。サバンナや林縁にすみ、木の割れ目に嘴を突っ込んで昆虫をあさったり、木の実を食べたりする。木の穴を巣として利用し産卵するが、かび臭い悪臭を放つ。キツツキの古巣を利用することもある。カマハシ科にはカマハシ属のほかにモリヤツガシラ属Phoeniculusがあるが、羽色も習性もカマハシ属にたいへん類似している。ただ嘴が、モリヤツガシラ属のほうがやや短いのが特徴である。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カマハシの関連キーワードカマハシ(鎌嘴)フウチョウ高野伸二鎌嘴

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android