コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミツキガメ カミツキガメChelydra serpentina; snapping turtle

4件 の用語解説(カミツキガメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミツキガメ
カミツキガメ
Chelydra serpentina; snapping turtle

カメ目カミツキガメ科。甲長 30cm,体重 15kg,特に大きな個体では甲長 45cm,体重 35kgに達する大型の淡水性のカメで,性質が荒くて攻撃性が強い。背甲は3列に並んだ隆条をもち,頭は巨大で口も大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カミツキガメ【snapping turtle】

あごの力が強いカミツキガメ科Chelydridaeの淡水性カメ。北アメリカロッキー山脈以東のカナダ南部から南アメリカ北部に生息している。甲長30~47cm,体重16~40kgの大きな淡水性のカメで,頭が大きくて尾が長く四肢が発達している。腹甲は極端に小さく裏側を見るとほとんど四肢がはみ出している。名前のとおりかみつく力が強く,陸上では攻撃的なので取扱いに注意を要する。ふだんは水中で過ごし,6月ごろ上陸して水辺の日当りのよい場所に深さ15cmほどの穴を掘り,12~50個ほどを産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

知恵蔵miniの解説

カミツキガメ

爬虫類のカミツキガメ属に分類されるカメ。中米から北米にかけて生息し、チュウベイカミツキガメ、フロリダカミツキガメ、ナンベイカミツキガメ、ホクベイカミツキガメの4亜種がある。滑らかで曲線型の甲羅(こうら)の長さは最大40〜50センチメートルで、鼻先から尻尾の先までの最大全長は1メートルに及ぶこともある。鋭い爪と強力な口を持ち、動きが俊敏で、陸上では気性が荒くなるため人に危害を及ぼすこともある。日本には1960年代よりペットとして大量に輸入され、千葉県印旛沼水系で繁殖・定着が確認されている。2005年、特定外来生物に指定され、輸入・飼育・販売・遺棄などが禁止となった。印旛沼水系では、毎年300匹に及ぶカミツキガメが捕獲・駆除されている。

(2014-7-9)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カミツキガメ
かみつきがめ
snapping turtle
[学]Chelydra serpentina

爬虫(はちゅう)綱カメ目カミツキガメ科のカメ。大形種で、あごの力が強く、よくかみつくので危険である。カナダ南部、アメリカ合衆国から南アメリカ北部に分布する。甲長30センチメートル、最大47センチメートルに達し、腹甲は小さい。頭部が大きく、四肢の各指には水かきがあって、つめが長い。尾が長くてほぼ甲長ほどもあり、ワニのような鱗板(りんばん)が並ぶ。水生植物の多い池や川にすみ、水底であまり動かず、近寄るザリガニや魚などをとらえる。近縁のワニガメMacroclemys temminckiは、甲長60センチメートル余りに達する。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカミツキガメの言及

【フエダイ(笛鯛)】より

…フエフキダイほどではないが,頭部の先端がややとがり,笛を吹くときの口つきに似ているのでこの名がついた。英名はsnapper。本科は東部太平洋を除く世界の暖海に広く分布する。…

【性比】より

…カメでは温度が高くなると雌が増し,トカゲやワニでは逆に,温度が高くなると雄にかたよる。カミツキガメではある温度範囲で雄が生じ,それよりも高くても低くても雌になることが知られている。【能村 哲郎】。…

※「カミツキガメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カミツキガメの関連キーワード生活形バルサ火の竜オイルフェンスザミア雑巾シリコン・プロセス技術継体(けいたい)天皇陵カーリングレーザーディスク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カミツキガメの関連情報