コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミナリイカ カミナリイカ Sepia lysidas; kisslip cuttlefish

3件 の用語解説(カミナリイカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミナリイカ
カミナリイカ
Sepia lysidas; kisslip cuttlefish

軟体動物門頭足綱コウイカ科。地方によってはコブイカ,ギッチョイカともいう。胴長 21cm,胴幅 10cmに達する大型のイカ。雄の背面に多数の暗灰褐色の横縞があり,ところどころに楕円形の斑紋があるためモンゴウイカ (紋甲イカ) ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カミナリイカ【Sepia lycidas】

大型の頭足綱コウイカ科のイカ。成長した雄の背側に○に-をかいたような眼状紋(目玉模様)が多くあるところから,モンゴウイカ(紋甲烏賊)とも呼ばれている(しかし,“モンゴウイカ”の名は,最近大西洋インド洋から漁獲されている,他の大型コウイカ類の市場名にも流用されていて,本種のみとは限らない)。コブイカ,ギッチョイカあるいはマルイチなどの地方名がある。 最大胴長20cmを超え,触腕には同大同形の微小な吸盤が200個くらいあり,貝殻の内円錐が肥厚しU字形を呈している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カミナリイカ
かみなりいか / 雷烏賊
cuttlefish
[学]Sepia lycidas

軟体動物門頭足綱コウイカ科のイカ。外套(がいとう)長35センチメートル、体重5キログラムに達する大形種。雄は背側に多数の横縞(よこじま)のほか、楕円(だえん)形の眼状紋があるので、従来モンゴウイカ(紋甲烏賊)とよばれていた。しかし現在ではこのモンゴウイカの呼び名は、本種のみならず遠洋漁場からもたらされるヨーロッパコウイカや、トラフコウイカなどの大形種の市場名にも流用されている。各腕には吸盤が4列並んでいる。触腕には小形の吸盤が8列に並び、その数は200個以上ある。甲(貝殻)は舟形で幅広く、内円錐(えんすい)にはU字形の滑層が沈着している。甲の背面は比較的滑らかである。東シナ海から南シナ海の底引網で多量に漁獲される。同海域では3~5月ごろが産卵期で、水深15~30メートルの海底で産卵する。産卵前期の11月から2月ごろには水深60~100メートル付近に集群している。また、南西日本の定置網その他の漁具でも少量とられる。方言ではコブイカ、ギッチョイカあるいはマルイチなどという。おもに生食用にされ、きわめて上質の刺身、すしだねなどになる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミナリイカの関連キーワードコウイカ雷烏賊甲烏賊尻焼烏賊大王烏賊鳶烏賊針烏賊じんどう烏賊袖烏賊赤烏賊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カミナリイカの関連情報