コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ・オブスキュラ camera obscura

翻訳|camera obscura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラ・オブスキュラ
camera obscura

ラテン語で「暗い部屋」を意味し,小孔または凸レンズを通して差込む光線が,暗箱内部の背面に外景の倒立像を映し出す装置。写真機の原型。のちに,鏡を利用して曇りガラスの上に,左右反対ながら正立像が見られるように改良された。ユークリッドはすでにこの原理を知っており,初期ルネサンスでは遠近法の研究に伴って,L.B.アルベルティがこの仕組みをつくって実験した。 18世紀に B.ベロットが,都市風景を描く補助手段としてこれを利用したことはよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カメラ・オブスキュラの関連キーワードカメラ・オブスキュラニコラ ル・リッシュピンホール・カメラカメラオブスクラピンホールカメラオランダ文学グアルディカナレットニエプス畠山直哉ダゲールラテン語カメラベーツ黒点幻灯写真

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android