コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモメ

(1) Larus canus; mew gull, common gull チドリ目カモメ科。全長 40~46cm。と脚が黄色で,襟と風切の大部分は灰青色である。初列風切は黒く,先端に白斑がある。そのほかの部分は白い。冬羽(→羽衣)では頭頸部に淡い灰褐色斑がある。ユーラシア大陸北部からアラスカ半島カナダ西部にかけて広く繁殖分布し,北アフリカヨーロッパ中東東アジアで越冬する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,海岸,河口,港湾に生息する。
(2) Larinae; gulls チドリ目カモメ科カモメ亜科に分類される鳥の総称。カモメ科のうち,アジサシ亜科とハサミアジサシ亜科に分類される鳥を除いた 54種からなる。全長 25~76cm,大部分の種の羽色は白ないし灰黒色で,成鳥羽になるまで数年を要する種が多い。カモメ類は泳ぐ,歩く,飛ぶといった行動をどれも巧みにこなす。生息環境によって異なるが,食べ物をとる場所やその種類も多様である。雑食性で,魚から陸上の無脊椎動物,小型哺乳類,鳥の雛や卵まで,生きたものでも腐肉でもなんでも食べる。飛行中,また歩行中でも捕食し,ほかの鳥が雛にとってきた獲物を横取りすることもある。セグロカモメは貝を空中から硬い地面に落とし,殻を割って食べる。集団繁殖し,小島の崖の棚や岩礁の上,海浜の草地,湿地などに営巣する。全世界の沿岸海域から内陸の大きな河川や湖沼地帯,湿地帯に生息している。日本にはカモメ類 25種が記録され,そのうちウミネコオオセグロカモメの 2種が繁殖している。(→アジサシハサミアジサシ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タレントデータバンクの解説

カモメ


芸名
カモメ

性別
男性

生年月日
1981/06/17

星座
ふたご座

干支
酉年

出身地
東京都

身長
166cm

体重
64kg

職種
お笑い

趣味・特技
ファミコン/読書/ピアノ/暗記(円周率は70桁)

プロフィール
1981年6月17日生まれ、東京都出身のお笑い芸人。主な出演作は、NHK『テレ遊びパフォー』、映画『出口のない海』(兵隊役)、『母べえ』(兵隊役)など。趣味・特技は、ファミコン、読書、ピアノ、暗記(円周率は70桁)。

代表作品
NHK『テレ遊びパフォー』 / 映画『出口のない海』(兵隊役) / 映画『母べえ』(兵隊役)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カモメ

サンリオのキャラクターシリーズのひとつ。青い帽子を被ったカモメがモチーフ。1984年登場。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモメ
かもめ / 鴎
gull

広義には鳥綱チドリ目カモメ科カモメ亜科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。カモメ科Laridaeは、体がいくらか大きく、嘴(くちばし)が太く、足が長くて、翼が広めで長いカモメ亜科Larinaeと、嘴も体も翼も細く、軽いアジサシ亜科Sterninaeとに二分される。カモメ亜科の仲間は世界各地に広く分布し、おもに沿岸域に生息する全長25~75センチメートルほどの中形の鳥であり、海岸線で打ち上げられた動物の死体を食べ、海上に出て魚類をとらえる。また内陸で小哺乳(ほにゅう)類や昆虫類なども捕食する。他種だけでなく、同種の卵や雛(ひな)を略奪して食べるなど、きわめて多種多様なものを餌(えさ)とする。海鳥のなかでは特殊化せず、もっとも一般性を保持しているグループであるといえる。飛翔(ひしょう)力もあり、地上を歩くことも巧みであるが、潜水することはできない。周年群れて生活し、沿岸の島や海岸砂丘、丘陵で集団営巣するが、崖(がけ)の棚や、内陸湿地の草の上、樹上に営巣することもある。2~3卵を産み、雌雄とも抱卵し、雛の養育に参加する。餌は、地上に吐き出してから与える。非繁殖期にも海岸に群れ、採餌(さいじ)のときも、ねぐらをとるときも群れる。[長谷川博]

種類

カモメ亜科は、形態と行動特徴によって、大きく三つのグループに分けられる。
 第一のグループは、全長約70センチメートルほどの大形で頭が白いカモメ類で、沿岸性で地上に営巣するセグロカモメLarus argentatusに代表される仲間である。この種は北極圏からヨーロッパ、シベリア、北アメリカに広く繁殖する。ごく近縁のニシセグロカモメL. fuscusもヨーロッパ西部で繁殖するが、2種はそこで交雑することなく共存する。しかし、いくらかずつ異なった亜種を通してつながっている。北大西洋のオオカモメL. marinus、ベーリング海のワシカモメL. glaucescens、北極海沿岸のシロカモメL. hyperboreus、オホーツク海のオオセグロカモメL. schistisagusなどは互いに近縁で、鎖でつなげられているように、北極を取り巻くかたちで繁殖分布する。これらより小さいカモメ類に、ユーラシア中北部、北アメリカ北西部で繁殖し、冬季は温暖な地方の沿岸に渡る種としてのカモメL. canus、日本海沿岸特産のウミネコL. crassirostris、北アメリカ中北部のクロワカモメL. delawarensis、地中海のオウドインカモメL. audouiniiなどがある。南半球オーストラリア南部沿岸で繁殖するクロスジハネグロカモメL. pacificus、南アメリカ南端の沿岸や島で繁殖するマゼランカモメL. scoresbiiもこのグループに含められる。ただし、行動様式はいくつかの点で北半球のカモメ類と異なる。
 第二のグループは、全長約30センチメートルと体がいくらか小形で、嘴が細めで、繁殖期には頭部が黒くなり、ちょうど黒色の頭巾(ずきん)をかぶったようなかっこうになる。これらはおもに内陸地で繁殖し、非繁殖期に沿岸地方に移動する。代表的な種はユリカモメL. ridibundusで、ヨーロッパ、アジアの中緯度地方に広く繁殖し、冬季には温帯以南の暖かい地方の沿岸に移動する。ズグロカモメL. saudersiは中国北部からモンゴルで繁殖し、冬季に南シナ海沿岸に渡る。北アメリカのワライカモメL. atricilla、アメリカズグロカモメL. pipixcanもこのグループに入る。そのほかに、地中海から西アジアに分布するニシズグロカモメL. melanocephalus、中央アジアで繁殖するチャガシラカモメL. brunnicephalus、南アメリカ南部沿岸のミナミユリカモメL. maculipennisなどもこの仲間に入る。北アメリカのボナパルトカモメL. philadelphiaは地面ではなく針葉樹に営巣することがある。アフリカ東部の湖沼地域に分布するズアオカモメL. cirrocephalus、オーストラリア沿岸のギンカモメL. novaehollandiae、ニュージーランドのハシグロカモメL. bulleri、アンデス山中の湖沼で繁殖しペルーおよびチリ沿岸で越冬するアンデスカモメL. serranusもこのグループに入る。カモメ類のなかでもっとも外洋性であり、断崖(だんがい)の棚に営巣するミツユビカモメL. tridactylusは、地上営巣性の種と異なったさまざまな行動特性を発達させている。岩棚は捕食者から安全であるため、親鳥は警戒のときに発する声をもたず、雛は猛禽(もうきん)類に対して逃避反応を示さない。しかし、よい岩棚は限られているため、巣場所をめぐっての争いは激しく、そうした場所を得た雄だけが繁殖できる。すなわち、他種ではつがい形成ののち巣場所を選定するが、この種ではつがい形成も雄がすでに得た巣場所だけで行われる。岩棚は狭く、少しでも歩けば、飛べない雛にとって命取りとなる。このため、この種の雛は他種の雛と違い、高さを目で知覚することができ、巣にうずくまって離れない。産卵数は2個で、地上営巣種(3~4個)より少ない。また、和名の示すように後ろの足指が退化して、3本だけとなった。これも崖に営巣することと関連している。近縁種にベーリング海で繁殖するアカアシミツユビカモメL. brevirostrisがある。もう一つの外洋性カモメは、ガラパゴス諸島だけに分布するアカメカモメL. furcatusである。この種の尾は深く切れ込んだ燕尾(えんび)となっていて、目は大きく、赤く縁どられる。崖や岩の上に営巣し、ミツユビカモメと共通する行動特性を多くもっている。北シベリアの北海道対岸沿いで繁殖するヒメクビワカモメL. roseus、北極圏の沿岸で繁殖するクビワカモメL. sabiniなども、この仲間に含められると考えられている。
 第三のグループは、カモメ類のなかで特異な種であるゾウゲカモメL. eburneusである。この種は全長約44センチメートル、全身白色で、極北の氷雪地帯で繁殖し、ほとんどそこから移動しない。繁殖や行動について詳しいことはわかっていない。[長谷川博]

人間生活との関係

カモメ類は、近年、人間が改変した環境に分布を拡大し、数も増え、他の鳥類に害を加えたり、人間との摩擦を招くようになった所もある。これは、雑食性のカモメが人間が捨てたものを利用するようになったためで、カモメ類の適応能力の広さを示す。漁港ばかりでなく、ヨーロッパでは都市にも侵入し、空港で飛行機と衝突したり、浄水場や下水処理施設、貯水池に飛来して汚す、などの問題がおこっている。また、海岸沿いの都市では、建物に営巣するようになった所もある。カモメ類は群れで生活するため、こうした問題が生じやすい。その反面、人間生活の身近で多数集まって繁殖し、人間になれていたため、動物行動研究の対象となり、数多くの優れた研究成果をもたらした、ということもできる。行動生物学を創始した一人であるイギリスの動物学者ティンバーゲンとその共同研究者は、セグロカモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメなどカモメ類の比較行動研究を行った。その成果は人間行動を理解するうえでも重要な意味があり、一連の研究業績に対して、彼は1973年ノーベル医学生理学賞を与えられた。彼の著作のなかでも『セグロカモメの世界』(1958)は、動物の社会生活と行動研究の古典的名著となっている。[長谷川博]
『ティンバーゲン著、安部直哉他訳『セグロカモメの世界』(1975・思索社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カモメの関連キーワードガルウイングドアミツユビカモメフランクリン鴎カモメ(鷗)嘴黒々腹鰺刺リーンちゃん南洋眉白鰺刺羽白黒腹鰺刺クビワカモメかもんちゃん赤足三趾鴎ズーちゃん大背黒鴎一葉千鳥眉白鰺刺黒額鰺刺黒腹鰺刺灰色鰺刺襟黒鰺刺背黒鰺刺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カモメの関連情報