コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラハナソウ からはなそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラハナソウ
からはなそう / 唐花草
[学]Humulus lupulus L. var. cordifolius Maxim.

クワ科の多年草。茎はつる性で長く伸び葉柄とともに小さい逆向きの刺(とげ)がある。葉は卵円形で、3中裂するものもあり、長さ、幅ともに5~12センチメートル。先端は鋭くとがり、縁(へり)にやや不ぞろいの鋸歯(きょし)があり、両面に粗い毛があってざらつく。雌雄異株。花期は8~9月。雄花序は長さ10~15センチメートルの円錐(えんすい)花序、雌花序は球果状で短い柄で下垂し淡緑黄色。包葉は花期後に増大し乾いた膜質で、黄褐色を帯びた腺点(せんてん)がある。痩果(そうか)はレンズ状で径2.5~3ミリメートル、細かな凹点と黄色の腺点がある。山地に生え、中部地方以北の本州、北海道および中国北部に分布する。若芽を食用とする。果穂が唐花模様に似ているのでこの名がある。カナムグラの近縁種である。母種のホップhopはヨーロッパ原産で、黄色の腺点が著しく多く、ビールの苦味料として栽培される。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカラハナソウの言及

【カナムグラ(葎草)】より

…また薬用にもされ,解熱,利尿に効があるという。近縁のカラハナソウH.lupulus L.var.cordifolius (Miq.) Maxim.は葉が全縁または3中裂である点で区別され,ビールの苦みをとるホップの変種である。中部地方以北の山地に野生する。…

【ホップ】より

…雌花をビール醸造に利用するために栽培するクワ科の多年草(イラスト)。原産地は西アジアとされるが,野生種は北半球のやや冷涼な温帯に広く分布し,日本ではカラハナソウvar.cordifolius Maxim.が中部地方以北の山地に自生している。茎はつる性で,春に地下茎から伸び出し,夏には6~8mになる。…

※「カラハナソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラハナソウの関連キーワードクジャクチョウ(孔雀蝶)カラハナソウ(唐花草)クジャクチョウシータテハカナムグラアカタテハキタテハアサ科ホップ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android