コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリアティード 〈フランス〉caryatide

デジタル大辞泉の解説

カリアティード(〈フランス〉caryatide)

古代ギリシャの神殿建築で、円柱の代わりに梁(はり)を支える役目をする女性立像。→アトランテス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カリアティード

西洋建築の女人柱像。ギリシア語ではkaryatides。アクロポリスのエレクテイオンのものが最も有名。なお男性像柱は,ティタン神アトラスにちなみアトランテスという。
→関連項目グージョン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリアティード【caryatid】

西洋建築の人像柱の総称。語源はギリシア語のkaryatidesで,カリュアイの女司祭の意。同地がペルシア方にくみしたため彼女たちはギリシア方の奴隷となり,永久に重い罪の償いを背負った故事(ウィトルウィウス)から,建築用語として,エンタブラチュアを支える大理石女人像(コレー)の柱をいう。アトラス【福部 信敏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カリアティード【caryatid】

女像柱。古代ギリシャの建築などで、梁を支える柱の代わりに用いられる着衣の女性像。 → アトランテス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリアティード
かりあてぃーど
caryatid

女像柱。建築の梁(はり)を支える円柱のかわりに女人像を用いた柱。ギリシア語ではカリアティデスkaryatidesで、アトランテス(男像柱)の対語。古代の文献によれば、ペルシア戦争の際にペロポネソス半島のカリュアイという町がペルシア方に味方したため、戦後その罰としてカリュアイの女たちを奴隷とし、生涯重荷を担ぐ苦役を科し、そのことを後世に伝えるために公共建造物にその像を用いたと伝えている。しかし実際には、このような女像柱はペルシア戦争の時代よりはるかに以前から用いられており、古い作例にデルフォイのシフノス人の宝庫(前6世紀中ごろ)の2体の女像柱がある。アテネのアクロポリスにあるエレクテイオンの6体がもっともよく知られている。[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカリアティードの言及

【アトラス】より

…彼の娘たちヘスペリデスの守る黄金のリンゴをヘラクレスがとりにきたとき,アトラスがリンゴをとってやる代りに,一時彼に蒼穹を背負わせた話は有名。アトラスの複数形アトランテスAtlantesはカリアティード(女人像柱)の対になる〈男性像柱〉を意味する建築用語で,アクラガスのオリュンピエイオンにその最初の使用例が残っている。地理学では,アトラスはアフリカ北西海岸に沿って東西に伸びる巨大な山脈の名称。…

【グージョン】より

…48年以降レスコに協力してルーブル宮殿の建築装飾に参加する。とくに50‐51年に制作した〈カリアティード〉(女性人像柱)4体はグージョンの数少ない丸彫像の作例で,イタリア・ルネサンスの範例を越えて古典古代風に近づく表現を示す。同宮殿の建築装飾には62年まで従事し,多額の支払を受けている。…

【柱】より

…これらの柱はいずれも上部にいくに従って柱身が細くなる(エンタシス)が,ギリシア以前のクレタやミュケナイの建築にみられる柱は上が太くなる円柱である。またギリシアでは,カリアティード(女像柱),アトランテスatlantes(男像柱),ヘルマイなど,柱と彫像を組み合わせる試みがみられた。小アジアやインドでも,柱頭に動物の姿が刻まれたり縦溝が施されたりし,彫刻が柱身を覆ったりする形式がみられる。…

※「カリアティード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カリアティードの関連キーワードスヴェシュタリのトラキア人の墳墓アテネのアクロポリスアクロポリス美術館シフノス人の宝庫ルメルシエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android