コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリキュラム(英語表記)curriculum

翻訳|curriculum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリキュラム
curriculum

教育課程,つまり学校教育など組織的な教育において,教科,教材ないし学習経験を一定の範囲と順序で編成したもの。諸教科に分けた教科カリキュラム,学習者の経験や活動の過程として編成する経験カリキュラムに大別される。通常,組織的教育ではその目指す一般的目的に従い,教育内容の範囲と性質を定め,学習者の能力や関心の程度を考慮して,段階的に到達される具体的目標が求められるが,この枠組に基づき教材,経験,作業内容が選択用意され,これに時間配当をして各年間,月間および週ごとの学習進行予定が決められる。 19世紀末までの伝統的学校では教科カリキュラムが支配的であったが,第1次世界大戦後の新教育運動では学習者の興味や生活に基づく経験カリキュラムが主張され,それに触発されて経験の連続性,人格の統合性,知識や文化の内的連関に注目し,教科の枠をはずした広領域カリキュラム,合科教授計画,あるいは社会機能や文化史段階により編成した内容を中核とし,その周辺に他の分野を配するコア・カリキュラムなどが 1920~30年代のアメリカやドイツで考案された。また最近では個々の学習者の必要度と進展度に対応させるカリキュラムの個別化の考え方も注目されてきている。日本の現行の教育課程は,各教科,道徳,特別活動によって編成され,その具体的な内容は文部大臣が定める学習指導要領によって定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カリキュラム(curriculum)

教育内容を学習段階に応じて配列したもの。教育課程。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カリキュラム【curriculum】

学校の教育目標を達成するために、児童・生徒の発達段階や学習能力に応じて、順序だてて編成した教育内容の計画。教育課程。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカリキュラムの言及

【教育課程】より

…第2次大戦前は学科課程または教科課程といい,教科指導の計画のみを指すことが多かった。戦後数年間はアメリカの教育の影響を受け,〈カリキュラム〉の語がそのまま使用された。カリキュラムの語は,もと競馬場・競走路race‐courseなどを意味し,これが教育に持ち込まれ,能力を発達させるために設定される課程courseの意味で使用されはじめた。…

※「カリキュラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリキュラムの関連情報