形式陶冶(読み)けいしきとうや(英語表記)formale Bildung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形式陶冶
けいしきとうや
formale Bildung

実質陶冶に対する立場。実質陶冶が特殊な内容の学習を重視するのに対し,形式陶冶は一般的な能力の陶冶を重視するもので,そのために,最も陶冶しやすい内容を選んで効果的に学習を進めようとする。たとえば形式陶冶の立場は,難解な数学問題の解決に思考をめぐらし,その解決に成功すれば,そこで養われた力は数学以外の他の問題の解決にも同様に有効であるとするもので,これは「学習転移」理論に立脚している。さまざまな実験の結果,今日では極端な実質陶冶説も極端な形式陶冶説もともに誤りであると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいしき‐とうや〔‐タウヤ〕【形式陶冶】

知識・技能を習得する能力そのものをはぐくもうとする教育。観察・注意・記憶・想像・分析などの各能力を高めることに重点を置く。→実質陶冶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

形式陶冶【けいしきとうや】

実質陶冶に対する教育学上の概念。個々の知識・技能という内容的なものの習得よりも,記憶・推理・意志の力など心の形式的な能力の陶冶を強調する教育観。ヨーロッパの伝統的な学校は古典語や数学をおもな教科としてこの種の教育を重視してきた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいしきとうや【形式陶冶】

知識や技能の習得よりも、記憶力・思考力・想像力などの精神的能力の練磨を重視する教育の立場。 ⇔ 実質陶冶

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいしき‐とうや ‥タウヤ【形式陶冶】

〘名〙 教育学で、教授は教科や教材の内容よりも、思考力、想像力、意志などの精神的諸能力の訓練に重点を置くべきだとする考え。従って、古典語や数学などの特定の教科でも、一般的能力を陶冶できるとする、教授上の目的および方法の原理。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android