コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルクアルカリ岩 カルクアルカリがんcalc-alkali rocks

岩石学辞典の解説

カルクアルカリ岩

イディングスは1892年に火成岩をアルカリ(alkali)グループとサブアルカリ(subalkali)グループに区分することを提案し,後者はその後のカルク・アルカリ(calc-alkali)グループとして知られるグループになった[Iddings : 1892].これは後にピーコックがアルカリ石灰指数(alkali-lime index)によって分類し,火成岩の化学的な四つのクラスの一つとなった[Peacock : 1931].カルク・アルカリ岩の語は現在の一般的な感覚ではアルカリ(alkaline)でない岩石の記述に用いられているが,これらの岩石はアルカリ石灰指数が56と61の間の岩石の記載に制限されるべきである.このグループの岩石の主成分は長石,角閃石またはオージャイトである.准長石,Na角閃石,Na輝石などのアルカリ鉱物は欠如している.このグループには花崗閃緑岩,閃長岩,閃緑岩,斑糲岩とそれらに対応する噴出岩が含まれる.スピライトや大部分の橄欖岩はアルカリ岩に含まれない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カルクアルカリ岩【カルクアルカリがん】

石灰アルカリ岩とも。石灰CaOを多く含みアルカリに乏しくケイ酸SiO2に富む火成岩。アルカリの多い有色鉱物や準長石を含まない。玄武岩,安山岩,流紋岩およびその深成岩相をカルクアルカリ岩系という。
→関連項目アルカリ岩ソレイアイト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カルクアルカリ岩の関連キーワード高マグネシア安山岩岩石区

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android