コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルシウム剤 かるしうむざい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルシウム剤
かるしうむざい

栄養剤の一種であるが、治療薬としても使われる。カルシウムは人体内にもっとも多く存在する無機質で、体重の1.5~2.2%を占める。その90%以上は骨など硬組織にリン酸塩などとして沈着している。体液中にはわずかに存在し、血液中のカルシウムイオンは上皮小体ホルモンとカルシトニン(甲状腺(こうじょうせん)のC細胞から分泌されるホルモン)によって調節されている。カルシウムはまたトロンボプラスチン(血液凝固因子の一つ)の作用を活性化して血液の凝固に関係する。カルシウムイオンが欠乏すると血管から組織液が滲出(しんしゅつ)する。したがって、じんま疹(しん)や、凍傷の場合にカルシウムを補給すると消炎効果がみられる。このようにカルシウム欠乏症、各種出血性疾患、骨軟化症、慢性炎症性疾患、皮膚疾患などの治療のために使用されるのがカルシウム剤である。注射剤としては塩化カルシウム注射液、グルコン酸カルシウム注射液、内服用にはリン酸水素カルシウム、沈降炭酸カルシウム、乳酸カルシウム、グリセロリン酸カルシウム、グルコン酸カルシウムがある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカルシウム剤の言及

【栄養剤】より

…水溶性ビタミン(ビタミンB群やC)は,そのような蓄積性はないが,過剰に摂取しても速やかに尿中に排出されてしまうので,経済的にみた場合水溶性ビタミンの過剰摂取は不経済であるといえる。 カルシウム剤は妊産婦にとって有効な薬である。日本の土壌はカルシウム分が不足しているため,水道水は軟水である。…

※「カルシウム剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カルシウム剤の関連キーワード副甲状腺機能低下症(上皮小体機能低下症)胃手術後障害(胃手術後遺症)続発性副甲状腺機能亢進症カルシウムと代謝異常グルコン酸カルシウム副甲状腺機能低下症キユーピー(株)低カルシウム血症血液凝固促進薬塩化カルシウム喉頭けいれんフッ化物中毒骨形成不全症有機酸中毒心蘇生法止血剤凝固剤脱酸剤強壮剤脱酸銅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android