カルボニル

世界大百科事典 第2版の解説

カルボニル【carbonyl】

(1)アルデヒドおよびケトンに含まれる2価の官能基C=O。2個の炭化水素基が結合している場合はケトン基,水素が1個結合している場合はアルデヒド基という。接頭語となるときはオキソoxo‐となる。【竹内 敬人】(2)一酸化炭素COの配位子名をカルボニルというが,転じてカルボニルの配位した金属カルボニルを単にカルボニルということもある。金属カルボニル【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボニル
かるぼにる
carbonyl

(1)2価の原子団=Oの基名である。この基に二つの炭化水素基が結合した化合物をケトン、水素原子と炭化水素基が結合した化合物をアルデヒドという。このほかに、カルボン酸、アミドなどもカルボニル基をもつ。

(2)一酸化炭素COが配位子となる場合の配位子名としてカルボニルを用いる。たとえば、Ni(CO)4はテトラカルボニルニッケル、または単にニッケルカルボニルとよばれる。一酸化炭素が金属に配位すると、金属カルボニル錯体と総称される化合物になるが、これらを単にカルボニルと略称することもある。他の金属カルボニルとしては、鉄ペンタカルボニルFe(CO)5、ジコバルトオクタカルボニルCO2(CO)8などがある。

[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

カルボニル
カルボニル
carbonyl

】[同義異語]カルボニル基.【】一酸化炭素COが錯体のなかで配位子として含まれているときの名称.一般に,炭素原子によって位していると考えられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報