コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボニル carbonyl

翻訳|carbonyl

百科事典マイペディアの解説

カルボニル

有機化合物の原子団の一種。構造は>C=O。アルデヒドおよびケトンはカルボニル(基)をもつ。カルボニル(基)をもつ化合物はヒドロキシルアミン,フェニルヒドラジンなどのカルボニル試薬と縮合反応を示す。
→関連項目建染染料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

カルボニル

 アルデヒドとケトンの特徴であるC=Oの基の総称

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルボニル【carbonyl】

(1)アルデヒドおよびケトンに含まれる2価の官能基C=O。2個の炭化水素基が結合している場合はケトン基,水素が1個結合している場合はアルデヒド基という。接頭語となるときはオキソoxo‐となる。【竹内 敬人】(2)一酸化炭素COの配位子名をカルボニルというが,転じてカルボニルの配位した金属カルボニルを単にカルボニルということもある。金属カルボニル【中原 勝儼】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボニル
かるぼにる
carbonyl

(1)2価の原子団=Oの基名である。この基に二つの炭化水素基が結合した化合物をケトン、水素原子と炭化水素基が結合した化合物をアルデヒドという。このほかに、カルボン酸、アミドなどもカルボニル基をもつ。
(2)一酸化炭素COが配位子となる場合の配位子名としてカルボニルを用いる。たとえば、Ni(CO)4はテトラカルボニルニッケル、または単にニッケルカルボニルとよばれる。一酸化炭素が金属に配位すると、金属カルボニル錯体と総称される化合物になるが、これらを単にカルボニルと略称することもある。他の金属カルボニルとしては、鉄ペンタカルボニルFe(CO)5、ジコバルトオクタカルボニルCO2(CO)8などがある。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルボニルの関連キーワードメールワイン=ポンドルフ還元鉄カルボニル(データノート)光分解性プラスチックニッケルカルボニルフェニルヒドラゾンクレメンゼン還元ヒドロキシケトンカルボキシル化ウィティヒ反応活性メチレン基カルボニル錯体カルボニル化鉄カルボニルカルボニル鉄アルデヒド基オキソ化合物アセタールアルキル化ピリドンオキシム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android