カンザス・シティ(読み)かんざすしてぃ(英語表記)Kansas City

翻訳|Kansas City

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンザス・シティ
かんざすしてぃ
Kansas City

アメリカ合衆国、ミズーリ州西部、ミズーリ川南岸にある都市。人口、面積で同州最大。人口44万1545(2000)。州境を挟んでカンザス州第二の都市のカンザス・シティ(人口14万6866、2000)と周辺部を含むグレーター・カンザス・シティを形成しているが、行政的には二つの州に分属する。地理的条件に恵まれ、鉄道および河川交通の要衝にあり、早くから商工業の中心都市として発達した。古くから同市の経済を支えてきた農業は衰退してはきたものの、小麦、干し草など多種の農産物やウマ、ラバなどの大規模市場として重要な地位を占める。工業では食品加工、製粉、自動車、航空機関連、石油関連工業や薬品、金属、印刷・出版業などが盛んであり、いくつかの大企業も本社を置いている。1950年代末ごろからは卸売業、小売業、サービス業が同市の経済の支柱をなしてきており、連邦政府、市関係の施設に仕事をもつ居住人口も多い。
 白人の定住は1821年アメリカ毛皮会社による毛皮交易所設立に始まり、33年には同市の前身であるウェスト・ポートの町が開かれた。西部開拓者のための物資供給基地として発達し、65年の鉄道の開通を皮切りに鉄道交通の中枢地となり、その後、合衆国最大の家畜交易地の一つとして、また小麦の集散地として発展した。自動車工業を中軸とした工業の発達は1900年から14年にかけて著しく、さらに第二次世界大戦を契機に第二次の工業発達がみられた。
 同市は19~20世紀初頭の建築物の保存に力を入れており、市立公園としては合衆国有数の規模を誇るスウォープ公園(683平方キロメートル)など、設備の整った美しい公園が多く、落ち着いた雰囲気をもつ一方、近年都市再開発によって近代的なビルが林立し、活気を呈している。なかでも、世界的に知られるカード会社ホールマークの建てたクラウン・センターは、ロックフェラー・センター以来の合衆国最大の都市再開発プロジェクトとして有名で、同市のシンボル的存在。そのほか、ネルソン美術館、アトキンズ美術館など文化施設も多く、カンザス・シティ大学の所在地でもある。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンザス・シティの関連情報