コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタベリー大聖堂 カンタベリーだいせいどうCanterbury Cathedral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタベリー大聖堂
カンタベリーだいせいどう
Canterbury Cathedral

イギリス,ケント県カンタベリーにある大聖堂。中世にはイギリスの精神的一中心地であった。最初の聖堂は 1070年から 1089年の間に建てられたイギリス最初のゴシック様式の建築。その後何回か増築,修復がなされ,東西に祭室,翼廊,修道院や図書館をもつ現在の二重内陣式大聖堂となる。 1174年火災ののち,フランスサンスウィリアムにより一部建て増しされ,フランス盛期ゴシック様式が導入された。続いて同名のイギリス人建築家ウィリアム,および J.ボックス,H.イェベーレらにより建造された部分には,イギリス特有の構造体が装飾によって隠されるパーペンディキュラー様式がみられる。 1988年セント・オーガスティン修道院セント・マーティン聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンタベリー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【カンタベリー大聖堂】

Canterbury》ロンドンの南東約80キロメートルの町、カンタベリーにある大聖堂。6世紀、修道士アウグスティヌスの創建。現在の建物は11世紀から16世紀にかけて建設されたのもの。1534年、ローマ‐カトリック教会と対立したヘンリー8世イギリス国教会を創り、カンタベリーに主教座をおいた。以後、この大聖堂はイギリス国教会の大本山となった。1988年「カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カンタベリー大聖堂【カンタベリーだいせいどう】

英国,カンタベリーにある教会で,正称はクライストチャーチChristchurch。アングリカン・チャーチ大主教座。起源は6世紀にさかのぼり,12世紀にフランスの建築家ギヨーム・ド・サンスがゴシック様式を初めて英国にもたらすなど数々の修復・改築を経る。
→関連項目アングリカン・チャーチカンタベリー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンタベリーだいせいどう【カンタベリー大聖堂 Canterbury Cathedral】

イギリスのカンタベリーにある大聖堂。正式名称は,クライストチャーチChristchurch。アングリカン・チャーチの大本山で,イギリス最初のゴシック様式大聖堂。起源は6世紀末にさかのぼる。12世紀後半より巡礼地となったが,1174年の火災でノルマン期の内陣部が焼失。フランスより工匠ギヨーム・ド・サンスGuillaume de Sens(サンスのギヨーム)が招かれて修復に当たり,フランスのゴシック様式を初めてイギリスに導入した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カンタベリーだいせいどう【カンタベリー大聖堂】

カンタベリーにあるイギリス最初のゴシック様式の大聖堂。一二世紀後半に火災の後、フランスの影響を受けて再建。イギリス国教会の首席主教座が置かれ、聖公会諸教会の中心的存在。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

カンタベリーだいせいどう【カンタベリー大聖堂】

イギリスのイングランド南東部のケント州カンタベリー(Canterbury)にある、イギリス国教会の総本山。聖堂内部にある礼拝堂の「聖書の窓」と呼ばれる美しいステンドグラスが有名である。イングランドへのキリスト教布教を行った聖アウグスティヌス(?~604年)が7世紀に修道院として建設したのが始まりとされる。現在の建物は、1070~1180年にロマネスク様式で、1379~1503年にゴシック様式で建設された。12世紀にヘンリー2世と対立した大司教トマス・ベケットが殉教したことから、多くの巡礼者が訪れる聖地となった。カンタベリーにある聖オーガスティン修道院、聖マーティン教会とともに、世界遺産に登録されている。ロンドンのビクトリア駅からカンタベリーイースト駅まで列車で約1時間30分、駅から徒歩約10分の場所にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンタベリー大聖堂
かんたべりーだいせいどう
Canterbury Cathedral

ロンドンの東南東85キロメートルのカンタベリーにあり、イギリス国教会(イングランド教会)の総本山になっている大聖堂。カンタベリーが6世紀にサクソンのケント王国の首都になり、イングランド最初の司教座(のちに大司教座に昇格)が置かれたのが起源。チョーサーの『カンタベリー物語』に生き生きと描かれているように、中世には巡礼地としても人気が高かった。現在の大聖堂は1070年から1503年にかけて造営され、東西二重の袖廊(そでろう)があるところなどにロマネスク式の原形が認められるが、全体としてはイギリス後期ゴシック独特の垂直様式の要素が強い。西袖廊の左側に、1170年に殉教した大司教トマス・ベケット記念の場がある。1988年に聖オーガスティン大修道院と聖マーティン教会とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンタベリー大聖堂の関連キーワードカンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会ベケット(Thomas à Becket)ヨハネス[ソールズベリーの]聖オーガスティン大修道院カンタベリー(イギリス)フィリップ メイリンズイギリス・ゴシック様式アルフレッド デラーウィリアム[サンス]トレバー ピノックウェストマコットイギリス建築イギリス美術寺院の殺人ベケットデラーメインベル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android