コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンドー カンドー Candau, Sauveur Antoine

5件 の用語解説(カンドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンドー
カンドー
Candau, Sauveur Antoine

[生]1897.5.29. サンジャンピエドポール
[没]1955.9.28. 東京
フランス人司祭。カトリックパリ外国宣教会士として 1925年来日。カトリック大神学校初代校長として邦人司祭を養成。第2次世界大戦に従軍,重傷を負う。 48年再び来日し,日仏学院,聖心女子大学で教え,流暢,達意の日本語で多くの講演を行い,またすぐれた日本語の著作を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カンドー(Sauveur Antoine Candau)

[1897~1955]フランスのカトリック神父。大正14年(1925)に来日。布教活動・司祭の養成などに努力するとともに、両国の文化交流に貢献した。著「思想の旅」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンドー

フランスのカトリック司祭。南仏,バスク地方出身で,パリ外国宣教会宣教師。1925年来日し,カトリック大神学校初代校長を務めるかたわら,巧みな日本語で執筆や講演に励んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カンドー【Sauveur Antoine Candau】

1897‐1955
フランスのカトリック司祭,宣教師,随筆家。南フランス,バスク地方の出身。第1次世界大戦に従軍して負傷,パリ外国宣教会に入り,1925年宣教師として来日。カトリック大神学校の初代校長として邦人司祭の養成にあたり,またフランス語・文学の教育,紹介活動を通じて知識人,学生に布教。日本語に巧みで,機知と詩情にあふれる流麗な随筆は有名。《カンドー全集》5巻(別巻2)がある。【稲垣 良典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カンドー【Sauveur Candau】

1897~1955) フランスのカトリック司祭。筆名、貫道・苅田澄。パリ外国宣教会に入り、1925年(大正14)来日。日本人司祭の育成に尽力。流麗な随筆「思想の旅」「永遠の傑作」などを残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンドーの関連キーワード戸塚文卿ペリカトリック教会モーリアックグアルディニラムネーマルナスリギョールルラーブロアジー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンドーの関連情報