コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンドー Candau, Sauveur Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンドー
Candau, Sauveur Antoine

[生]1897.5.29. サンジャンピエドポール
[没]1955.9.28. 東京
フランス人司祭カトリックパリ外国宣教会士として 1925年来日。カトリック大神学校初代校長として邦人司祭を養成。第2次世界大戦に従軍,重傷を負う。 48年再び来日し,日仏学院,聖心女子大学で教え,流暢,達意の日本語で多くの講演を行い,またすぐれた日本語の著作を残した。さらに「晩成会」をつくり,キリスト者でない知識人との交流を深めた。主著には『思想の旅』 (1952) ,『永遠の傑作』 (55) など。筆名は,貫道,苅田澄。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カンドー(Sauveur Antoine Candau)

[1897~1955]フランスのカトリック神父。大正14年(1925)に来日。布教活動・司祭の養成などに努力するとともに、両国文化交流に貢献した。著「思想の旅」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カンドー

フランスのカトリック司祭。南仏,バスク地方出身で,パリ外国宣教会宣教師。1925年来日し,カトリック大神学校初代校長を務めるかたわら,巧みな日本語で執筆や講演に励んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンドー【Sauveur Antoine Candau】

1897‐1955
フランスのカトリック司祭,宣教師,随筆家。南フランス,バスク地方の出身。第1次世界大戦に従軍して負傷,パリ外国宣教会に入り,1925年宣教師として来日。カトリック大神学校の初代校長として邦人司祭の養成にあたり,またフランス語・文学の教育,紹介活動を通じて知識人,学生に布教。日本語に巧みで,機知と詩情にあふれる流麗な随筆は有名。《カンドー全集》5巻(別巻2)がある。【稲垣 良典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カンドー【Sauveur Candau】

1897~1955) フランスのカトリック司祭。筆名、貫道・苅田澄。パリ外国宣教会に入り、1925年(大正14)来日。日本人司祭の育成に尽力。流麗な随筆「思想の旅」「永遠の傑作」などを残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カンドーの関連キーワードトーマス ミッデルホフピンウールウィン5月29日インヤー湖フーカデンロイヤル湖ドーナツヤンゴンポルト湾尽力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android