コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピロバクター カンピロバクター〈ラテン〉Campylobacter

4件 の用語解説(カンピロバクターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カンピロバクター(〈ラテン〉Campylobacter)

グラム陰性菌の一。湾曲した桿菌(かんきん)ペットや家畜の下痢の原因となり、人は経口感染により食中毒を起こす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カンピロバクター

細菌が原因で起きる食中毒の年間発生件数の6割を占め、患者は約2千人。処理直後(加工前)の鶏肉で見つかる割合は67%と高く、「新鮮だから安全」は通用しない。中心部を75度で1分以上加熱すれば死滅する。牛レバーや豚肉の生食で食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌(O157)やE型肝炎ウイルスと比べると、命にかかわる危険性は高くないとされる。

(2016-11-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

カンピロバクター

 カンピロバクター属ともいう.ラセン科に属するグラム陰性桿菌.伝染病の原因菌.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンピロバクターの関連情報