コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ Podiceps cristatus; great crested grebe

3件 の用語解説(カンムリカイツブリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ
Podiceps cristatus; great crested grebe

カイツブリ目カイツブリ科。全長 57cm。夏羽(→羽衣)では,頬部から上頸部に赤褐色の襟状の飾り羽があり,頭上にも黒色の冠羽(→羽冠)がある。後頸部と背は濃褐色,前頸部から胸腹部は白く,脇は赤褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンムリカイツブリ

カイツブリ科の鳥。翼長19cm。カイツブリ科最大種。首が長く,夏羽では黒い冠羽と赤いほおの飾り羽が特徴。ユーラシアアフリカ北部,オーストラリアに分布。日本へは冬鳥として渡来するが,近年,青森県や琵琶湖などでの繁殖が確認されている。
→関連項目カイツブリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンムリカイツブリ
かんむりかいつぶり / 冠
great crested grebe
[学]Podiceps cristatus

鳥綱カイツブリ目カイツブリ科の鳥。ヨーロッパから中国、モンゴル、南シベリアのウスリー地方、北アフリカに分布し、熱帯アフリカとオーストラリア、ニュージーランドに別亜種がある。広い淡水沼に繁殖し、冬は江湾のやや岸近くで越冬する。水中に潜って魚をとる。全長56.5センチメートル、頸(くび)が長く、夏羽では扇状の頬(ほお)羽と耳状羽をもっている。また、眉帯(びたい)が白く目と嘴(くちばし)が黒帯で連なる顔面の特徴で、同属のアカエリカイツブリP. grisegenaと区別できる。日本では、青森県の市柳(いちやなぎ)沼とその周辺で1972年(昭和47)以来繁殖例が知られる。最近では観察例が増え、島根県の宍道湖(しんじこ)など日本海側から九州にかけ、また埼玉県の狭山湖(さやまこ)、滋賀県の琵琶湖(びわこ)など内陸の湖でも、ときにかなりの群れでみられている。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンムリカイツブリの言及

【カイツブリ(鸊鷉)】より

…琵琶湖は〈鳰の海〉と呼ばれていた。 カンムリカイツブリP.cristatus(全長約55cm),アカエリカイツブリP.grisegena(全長約45cm)は,日本では青森県の湖沼地帯や北海道北東地方の湖沼に少数が繁殖している。冬季には大きな湖沼や内湾に渡来する。…

※「カンムリカイツブリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンムリカイツブリの関連キーワード鸊鷉・鳰舞舞螺鸊鷉ナイツブリッジ向い礫カイツブリ(鸊鷉)コバネカイツブリハジロカイツブリペルーカイツブリミミカイツブリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone