コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭山湖 さやまこ

8件 の用語解説(狭山湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狭山湖
さやまこ

山口貯水池ともいう。埼玉県南西部,狭山丘陵北部にある山口ダムの完成 (1934) によってできた人造湖。ダムはアースダムで,高さ 32.7m,長さ 690.9m,有効貯水量 1953万m3。東京都上水道貯水池。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さやま‐こ【狭山湖】

埼玉県所沢市にある、狭山丘陵の谷を利用した人造湖。東京都の上水道用貯水池として昭和9年(1934)完成。山口貯水池

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狭山湖【さやまこ】

埼玉県所沢市南西部,狭山丘陵にある人造湖。山口貯水池ともいい,東京都の上水道源で,1934年完成。堤長716m,堤高33.5m,有効貯水量1952万8000m3
→関連項目狭山丘陵多摩湖所沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

狭山湖

埼玉県所沢市の多摩川水系多摩川にある山口貯水池ダムのダム湖。正式名称は「山口貯水池」。狭山丘陵に位置し、周辺一帯は県立狭山自然公園に指定されており、冬季には水鳥たちの越冬地となる。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さやまこ【狭山湖】

埼玉県と東京都の境をなす狭山丘陵北部の人造湖。埼玉県所沢市南西端にある。南側の多摩湖とともに東京の上水道貯水池として建設されたもので,1934年丘陵を刻む柳瀬(やなせ)川の浸食谷をせき止めてつくられた。当時の村名にちなんで山口貯水池ともいう。周囲19km,満水時の水面1.89km2,有効貯水量1953万m3で,多摩川の水を羽村堰(はむらぜき)から引水して貯水し,東京都の浄水場へ送水する。湖岸は屈曲に富み,周囲はアカマツコナラの自然林も多く,また桜の名所としても知られ,1951年埼玉県立狭山自然公園に指定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さやまこ【狭山湖】

埼玉県所沢市、狭山丘陵の谷を山口ダムが堰止めた人造湖。東京の水源池の一。1934年(昭和9)完成。山口貯水池。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕狭山湖(さやまこ)


埼玉県中南部、狭山丘陵にある人造湖。面積1.9km2。1934年(昭和9)に完成した東京都の上水道用貯水池。多摩(たま)川から導水される。正称、山口貯水池。ダム名は山口ダム。湖畔はサクラツツジの名所で、県立および東京都立の自然公園に指定。周辺にユネスコ村大恐竜探検館・西武ドーム・屋内スキー場などのレジャー施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狭山湖
さやまこ

埼玉県と東京都との境界にある狭山丘陵の北部にある貯水池。埼玉県所沢市に位置する。柳瀬(やなせ)川をせき止めてつくった人造湖で、南部にある多摩湖とともに、東京都の上水道の貯水池である。山口貯水池ともいう。1934年(昭和9)完成。周囲約23キロメートル、満水時の水面積1.89平方キロメートル、貯水量約2065万立方メートル。多摩川の沿岸の羽村(はむら)堰、小作(おざく)堰から導水して貯水する。付近は雑木林や松林に囲まれ、都立および埼玉県立の自然公園に指定されている。西武鉄道は西所沢から狭山線を引き、終点の西武球場前駅付近には野球場、屋内スキー場、ゴルフ場などの観光開発を行い、人々でにぎわっている。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狭山湖の関連キーワード狭山丘陵所沢東村山埼玉県所沢市荒幡埼玉県狭山市稲荷山埼玉県狭山市柏原埼玉県狭山市狭山埼玉県狭山市狭山台埼玉県狭山市沢埼玉県狭山市新狭山

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狭山湖の関連情報