コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーザック Kasack, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーザック
Kasack, Hermann

[生]1896.7.24. ポツダム
[没]1966.1.10. シュツットガルト
ドイツの小説家,詩人。医師の子として生れ,ベルリン,ミュンヘン両大学で文学と経済学を学ぶ。その頃から著作を始め,表現主義的な詩集『人間』 Der Mensch (1918) などを出した。ナチス時代は出版社に勤務。第2次世界大戦後,小説『流れの背後の町』 Die Stadt hinter dem Storm (47) で,その名を世界的なものにした。死の国と同一視される町の一代記をカフカ的手法で描いたもので,ヨーロッパの運命を暗示している。ほかに,全体主義国家をシュルレアリスム的手法で活写した『織機』 Der Webstuhl (49) ,『巨大な網』 Das gross Netz (52) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーザック
かーざっく
Hermann Kasack
(1896―1966)

ドイツの詩人、小説家。ポツダム生まれ。出版社勤務のかたわら創作に励み、初期の作品に詩集『人間』(1918)、『島』(1920)その他がある。第二次世界大戦後に発表した小説『流れの背後の町』(1947)で、すべてが機械的に無目的に進行する死者の世界を描き、そのカフカ的な手法が注目をひいた。続いて短編『織機』(1949)、長編『大きな網』(1952)を発表したが、『織機』には巨大なじゅうたんを生産するために厳しい官僚システムを採用した国が、ついに経済と文化の潜在能力を窒息させてしまう過程が描かれている。[武田昌一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーザックの関連キーワード7月24日

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android