コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボランダム carborundum

翻訳|carborundum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーボランダム
carborundum

炭化ケイ素の通称。 E.G.アチソン人工ダイヤモンドを得る目的で実験中に発見した (1891) 。当初は商品名であった。ケイ砂コークスを混合強熱 (約 2000℃) してつくる。ダイヤモンドに次ぐ硬さと高融点をもち,薬品に侵されにくく,熱,電気はややよく伝える。これらの特性のため,砥石材料,研磨材,化学工業用ライナ (被覆材) ,耐熱ライナ,電気炉の抵抗発熱体などにつくられる。原料は粉状なので,砥石では熱硬化性樹脂などで成形し,高温用には焼結成形する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カーボランダム

炭化ケイ素SiCの商品名。日本では一般名として慣用。純粋なものは無色の結晶。通常は褐色ないし黒色。きわめて硬く(硬度9以上),酸に侵されず,高温でも他と反応しにくい。
→関連項目炭化物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

カーボランダム【Carborundum】

炭化ケイ素 SiC の商標名。研磨剤や耐火材に利用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーボランダム
かーぼらんだむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカーボランダムの言及

【炭化ケイ素(炭化珪素)】より

…硬度が高く(ヌープ硬さは約2500),研磨材に使われる。1891年に初めて出現した人造研磨材で,アメリカのE.G.アチソンが発明し,アメリカのカーボランダム社で商品化されたものである。同社の商品名をカーボランダムCarborundumという。…

※「カーボランダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーボランダムの関連キーワードアチソン(Edward Goodrich Acheson)炭化ケイ素(炭化珪素)シリコナイジング炭化ケイ(珪)素ベークライト砥石ナイアガラ瀑布レジノイド砥石二酸化ケイ素電気化学工業アルカリ融解モース硬度電気抵抗炉アランダム超硬合金電気泳動炭化珪素砥粒加工研摩材耐火材耐火物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android