コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーマイン カーマインcarmine

翻訳|carmine

5件 の用語解説(カーマインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマイン
カーマイン
carmine

絵具の色名の一つ。人工の赤色顔料カーマイン・レーキは 19世紀末頃よりつくりだされたもので,アリザリン・レーキを明礬と塩化錫で沈殿させてつくる。天然のカーマインは,えん脂虫の一種の雌の体から抽出した赤色色素である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

色名がわかる辞典の解説

カーマイン【carmine】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、マルカイガラムシ科コチニールカイガラムシを原料とする顔料のような、強い赤。この虫はサボテンに寄生し、エンジムシとも呼ばれる。雌を乾燥させて粉末にしたものがコチニールという色素となる。このコチニールを原料とした顔料がカーマイン。同じ由来をもつ色にコチニールレッドがあるが、こちらは少しくすんでいる。カーマインは和名のべにに近い。紅色はキク科ベニバナ花びらから紅色素を抽出して染めた色。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーマイン
かーまいん
carmine

サボテン科植物に寄生するエンジムシの雌虫を乾燥して得られる紅色染料。コチニールともいう。
 主成分はアントラキノン誘導体であるカルミン酸。絹、羊毛などをアルミニウムによる媒染で紅に染めうるが、今日では染色用にはほとんど用いられておらず、毒性が低いので、化粧品や食品の着色に用いられている。希土類元素の検出指示薬としての用途もある。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーマインの関連情報