コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーマイン carmine

翻訳|carmine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマイン
carmine

絵具の色名の一つ。人工の赤色顔料カーマイン・レーキは 19世紀末頃よりつくりだされたもので,アリザリン・レーキ明礬塩化錫で沈殿させてつくる。天然のカーマインは,えん脂虫の一種の雌の体から抽出した赤色色素である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色名がわかる辞典の解説

カーマイン【carmine】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、マルカイガラムシ科コチニールカイガラムシを原料とする顔料のような、強い赤。この虫はサボテンに寄生し、エンジムシとも呼ばれる。雌を乾燥させて粉末にしたものがコチニールという色素となる。このコチニールを原料とした顔料がカーマイン。同じ由来をもつ色にコチニールレッドがあるが、こちらは少しくすんでいる。カーマインは和名のべにに近い。紅色はキク科ベニバナの花びらから紅色素を抽出して染めた色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カーマイン【carmine】

カルミン
わずかに紫がかった赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーマイン
かーまいん
carmine

サボテン科植物に寄生するエンジムシの雌虫を乾燥して得られる紅色染料。コチニールともいう。
 主成分はアントラキノン誘導体であるカルミン酸。絹、羊毛などをアルミニウムによる媒染で紅に染めうるが、今日では染色用にはほとんど用いられておらず、毒性が低いので、化粧品や食品の着色に用いられている。希土類元素の検出指示薬としての用途もある。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーマインの関連キーワードベック(Jeff Beck)フランシス コッポラナポレオン(映画)インジゴカーマインコチニールレッドアイム・セクシータリア シャイアジェフ ベックエンリコ ラバスカーレットドン ハビブクリムソン洋紅石ロータ美容