コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーマ・スートラ Kāma-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーマ・スートラ
Kāma-sūtra

現存するインド最古の性愛に関する文献。哲学者バーツヤーヤナの著とされているが疑問もある。7章。成立年代未詳。古来,インドでは,性愛 kāmaは実利 artha,道徳 dharmaとともに人生の3大目的とされたが,本書はそれまでの性愛に関する学説をまとめたものとされる。性愛のテクニックを教える書として有名であるが,それだけでなく,古代インド社会の生活を知るうえでも重要な文献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カーマ・スートラの関連キーワードパーシス カンバータカーマスートラミラ ナイール六十四芸愛欲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android