コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーメネフ カーメネフ Kamenev, Lev Borisovich

4件 の用語解説(カーメネフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーメネフ
カーメネフ
Kamenev, Lev Borisovich

[生]1883.7.22. モスクワ
[没]1936.8.25.
ソ連の政治家。旧名 L.B. Rosenfeld。ユダヤ人技師の子。 1901年ロシア社会民主労働党に入党し,党分裂後はボルシェビキとして活動。 08~14年国外で活動ののち,機関紙『プラウダ』の編集に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーメネフ

ソ連の政治家。本名ローゼンフェリドRozenfel'd。若くして革命運動に参加。1917年十月革命のときには党最高指導者の一人であったが,ジノビエフとともに武装蜂起(ほうき)に反対。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーメネフ【Lev Borisovich Kamenev】

1883‐1936
ソ連邦の革命家,政治家。本名ローゼンフェリドRozenfel’d。ユダヤ人。技師の子として生まれ,1901年モスクワ大学在学中にロシア社会民主労働党に入党,各地で地下活動を続ける。17年二月革命後,流刑地のシベリアから戻り,首都ペトログラードボリシェビキ党指導者となるが,当初は臨時政府条件付き支持の立場をとった。十月革命準備の過程でジノビエフと共に武装蜂起に反対。蜂起後は他の社会主義政党との連立を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーメネフ
かーめねふ
Лев Борисович Каменев Lev Borisovich Kamenev
(1883―1936)

ロシアの革命家、政治家。ユダヤ人。モスクワ出身で、モスクワ大学在学中の1901年にロシア社会民主労働党に入り、以後ロシア各地と国外で活動。14年に逮捕され、翌年シベリアに流刑となった。17年の二月革命後、流刑地から首都ペトログラード(現サンクト・ペテルブルグ)に帰り、『プラウダ』編集部で活動した。七月事件後一時投獄された。十月革命前夜に蜂起(ほうき)反対を主張したことは党歴に重大な傷となった。翌年からモスクワ・ソビエト議長を務め、レーニン、トロツキー、スターリン、ジノビエフとともに5名の政治局員の一人であった。レーニンの晩年における後継者をめぐる党内対立では、スターリン、ジノビエフと組んでトロイカ(三人組)体制をとりトロツキーの失墜に一役買ったが、25年を転機にスターリンの党主流と対立を深め、党内闘争に敗北し、27年に党から除名された。その後復党したが、34年のキーロフ暗殺事件に関連して逮捕され、35年に禁固刑、翌年に死刑を宣告され、処刑された。1956年のスターリン批判後も名誉回復されなかったが、1988年ペレストロイカに伴い名誉回復された。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカーメネフの言及

【ソビエト連邦】より

…その直後レーニンは発作を起こして廃人となり,1年後に死去した。この間スターリンはジノビエフカーメネフと協力してトロツキー派を抑え込むことに成功した。次いで一国社会主義論を採ったスターリンとブハーリンは提携して,ジノビエフ,カーメネフ派と争い,27年にはトロツキー派とも組んだこの合同反対派を完全に失脚させた。…

【ロシア革命】より

… この9月,潜行中のレーニンは臨時政府打倒の武装蜂起の決行を同志に提案したが,党中央委員会はただちには賛成しなかった。とくにジノビエフカーメネフという古参の大幹部は強く反対し,党外でその態度を表明した。権力掌握への準備は首都ソビエトの議長となったトロツキーの考えで進められ,10月12日反革命からのソビエトの防衛という目的で軍事革命委員会が設置された。…

※「カーメネフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーメネフの関連キーワードカリーニンクーシネンジノビエフソ連ミコヤンルナチャルスキーソ連邦ヤロスラフスキー《上ラインの革命家の書》ローゼンフェリド,L.B.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone