ガランタミン

化学辞典 第2版「ガランタミン」の解説

ガランタミン
ガランタミン
galanthamine

lycoremine.C17H21NO3(287.35).ヒガンバナ科ヒガンバナLycoris radiataナツズイセンL.squamigera,マツユキソウGalanthus woronowiiなどに含まれるヒガンバナアルカロイドの一つ.無色の柱状晶.融点127~129 ℃.-119°(エタノール).抗コリンエステラーゼ作用を有し,臭化水素酸塩は小児麻ひの後遺症に有効である.[CAS 357-70-0]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「ガランタミン」の解説

ガランタミン

種々のヒガンバナ科の植物に含まれるアルカロイド。カフカス産のガランサススノードロップ一種)から分離された。日本でもヒガンバナ,キツネノカミソリ,ナツズイセンなどに含まれている。抗コリンエステラーゼ作用をもち,ポリオ後遺症としての筋麻痺,重症筋無力症などの治療に用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ガランタミン」の解説

ガランタミン

〘名〙 (Galanthamin) 神経刺激剤の一つ。スノードロップ、スイセンなどのヒガンバナ科植物の鱗茎(りんけい)に含まれているアルカロイドの一種。小児麻痺(まひ)特効薬とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ガランタミン」の解説

ガランタミン
galanthamine

ヒガンバナやマツユキソウなどに含まれるアルカロイドで,融点 130℃の無色結晶。化学式 C17H21O3N 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android