コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリラヤ湖 ガリラヤこSea of Galilee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリラヤ湖
ガリラヤこ
Sea of Galilee

イスラエル北部の湖でティベリア湖 Lake Tiberiasとも呼ばれる。ヘブライ語ではヤムキンネレト Yam Kinneret,アラビア語ではブハイラトタバリーヤー Buhayrat Tabarīyā。周囲 53km,東西約 11km,南北約 20km,面積 170km2。ヨルダン地溝の底に位置しており,北方のレバノン,シリアの山地に源をもつヨルダン川が流れ込み,さらにここから流出して南下,死海に注いでいる。この周辺でヨルダン地溝はすでに海面より低く,湖面は海面下 209m,最大水深約 43m。東側にはシリアのゴラン高地,西岸にはイスラエルガリラヤ高地がそれぞれ数百mの比高をもって迫る。 1948年のイスラエル建国時には東岸の湖岸線がシリアとイスラエルの国境であったが,その後,しばしば両者の武力衝突の場となり,67年の六日戦争後はイスラエルがゴラン高原を占領している。西岸には観光都市として有名なティベリアの町があり,南岸沿いのヨルダン低地は農業地帯。ガリラヤ湖はイスラエルの数少い豊かな水源地で,ここから汲上げられる水が導水管を通じて中南部イスラエルに送られている。沿岸では多少の漁業が行われているが,風光が美しいので湖上に遊覧船も通っている。ガリラヤ湖の名は聖書に登場し,古代には漁業が盛んで,周辺にティベリアそのほかの町や多くの村があったと伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガリラヤ湖
がりらやこ
Sea of Galilaia

イスラエル北東部の淡水湖、ティベリアス湖の別名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガリラヤ湖の関連キーワード聖書時代の遺丘群サンティアゴヘロデス・フィリッポスマリア[マグダラの]ティベリアス[湖]マイモニデスの墓アメンホテプ2世ハマットガデル山上の垂訓教会ヨルダン地溝帯ガリラヤ遺跡カペルナウムヤルデニットキンネレテツェファトネゲブ地方カルナイム山上の垂訓アキバの墓ウムカイス

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android