コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーティン Girtin, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーティン
Girtin, Thomas

[生]1775.2.18. ロンドン
[没]1802.11.9. ロンドン
イギリスの水彩風景画家。水彩画家 E.デイズ師事。 1794~97年,J.ターナーとともに鑑定家 T.モンローに雇われ,J.カズンズの絵を複製する仕事にたずさわる。 96年イングランド北部およびスコットランド南部をスケッチ旅行。師のデイズの地勢図的様式を脱し抒情性に富む作風を展開。 1801年6ヵ月間パリに滞在,このときの風景素描からのちに一連の銅版画を制作。パリから帰って半年後に 27歳で夭折。作品の多くは大英博物館とビクトリア・アンド・アルバート美術館に所蔵されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガーティン【Thomas Girtin】

1775‐1802
イギリス水彩画家。早くから生地ロンドンをはじめイギリス各地で風景や建築のスケッチを行う。20歳を過ぎた頃から病身となるが,1801‐02年パリに赴き,パリやフランス各地の景観を多くの素描や水彩画に写す。当時消耗品として機械的に制作されることの多かった水彩画を,簡潔な様式と調和した色彩によって芸術的創作の域に高めた。美術史における彼の影響は間接的であるが,少年時代から交友のあったターナーは,〈彼が生きていたら,私は飢えていただろう〉と,その才能をたたえたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーティン
がーてぃん
Thomas Girtin
(1775―1802)

イギリスの画家。商人の子としてロンドンに生まれる。初め画工として古城・古寺の景観を水彩で描き、ゴシック・リバイバルの風潮にもかなって、早くから才能を認められた。自然への共感を率直に描く決断力は厳格さと優雅さをもつ。胸を病んで27歳で早世したが、それまで職人の仕事とされていた水彩画に新生面を開いた。広い自然のなかの孤独と自由の感情はロマン派の先駆をなし、同時代の多くの風景画家に影響を与えた。ターナーは彼とともに旅して多くを学び、コンスタブルも彼の作品に接してから絵が変わったという。[岡本謙次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガーティンの関連キーワードイギリス美術コットマン2月18日ギース

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android