コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーティン ガーティン Girtin, Thomas

3件 の用語解説(ガーティンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーティン
ガーティン
Girtin, Thomas

[生]1775.2.18. ロンドン
[没]1802.11.9. ロンドン
イギリスの水彩風景画家。水彩画家 E.デイズに師事。 1794~97年,J.ターナーとともに鑑定家 T.モンローに雇われ,J.カズンズの絵を複製する仕事にたずさわる。 96年イングランド北部およびスコットランド南部をスケッチ旅行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガーティン【Thomas Girtin】

1775‐1802
イギリスの水彩画家。早くから生地ロンドンをはじめイギリス各地で風景や建築のスケッチを行う。20歳を過ぎた頃から病身となるが,1801‐02年パリに赴き,パリやフランス各地の景観を多くの素描や水彩画に写す。当時消耗品として機械的に制作されることの多かった水彩画を,簡潔な様式と調和した色彩によって芸術的創作の域に高めた。美術史における彼の影響は間接的であるが,少年時代から交友のあったターナーは,〈彼が生きていたら,私は飢えていただろう〉と,その才能をたたえたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーティン
がーてぃん
Thomas Girtin
(1775―1802)

イギリスの画家。商人の子としてロンドンに生まれる。初め画工として古城・古寺の景観を水彩で描き、ゴシック・リバイバルの風潮にもかなって、早くから才能を認められた。自然への共感を率直に描く決断力は厳格さと優雅さをもつ。胸を病んで27歳で早世したが、それまで職人の仕事とされていた水彩画に新生面を開いた。広い自然のなかの孤独と自由の感情はロマン派の先駆をなし、同時代の多くの風景画家に影響を与えた。ターナーは彼とともに旅して多くを学び、コンスタブルも彼の作品に接してから絵が変わったという。[岡本謙次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガーティンの関連キーワードギース水彩画ロンドン交響楽団ロンドン軍縮会議グレタ橋ロンドン橋落ちたカズンズ父子クルックシャンクローランドソン《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone