コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガービー Garvie, Alfred Ernest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガービー
Garvie, Alfred Ernest

[生]1861.8.29. ジラールドゥーフ
[没]1948.3.7.
イギリスの神学者。教会指導者。ロシア領ポーランドに生れ,ポーランドで初等教育を受けたのち,エディンバラ,ジョージ・ワシントン,グラスゴーの各大学などで哲学,神学を学び,会衆派教会牧師となる。のちにロンドンのハクネー大学およびニューカレッジの教授となり,有神論哲学,比較宗教学,キリスト教倫理学などを講じ,1933年名誉学長となった。教会一致運動 (→エキュメニズム ) に尽し,イギリス会衆派教会議長 (1919) ,イギリス教会協議会 NCC議長,スイスのローザンヌで開かれた第1回の信仰職制会議の議長代理 (27) ,イギリス自由教会連盟議長 (28) などをつとめ,教会指導者としても大きな足跡を残した。リッチュルの流れをくむ穏健な神学的な立場を取り,ウェストミンスター新約聖書注解シリーズの編集者でもあった。主著"The Ethics of Temperance" (1895) ,"The Ritchlian Theology" (99) ,"Commentary on Romans" (1901) ,"The Purpose of God in Christ" (19) ,"Revelation through History and Experience" (34) ,"The Christian Faith" (36) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ガービー

ジャマイカ出身の黒人運動指導者。1914年万国黒人改善協会(UNIA)を創設,1916年渡米して黒人の自立を訴え,1920年代に〈アフリカ帰還運動〉を推進した。
→関連項目カリブ海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガービー【Marcus Moziah Garvey】

1887‐1940
ジャマイカ生れの黒人運動指導者。1914年万国黒人改善協会(UNIA)を創設,16年渡米し,ニューヨークハーレムを根拠地に大規模な黒人大衆運動を展開した。白人社会への同化を拒否し,黒人の自立を主張,20年代前半に〈アフリカへの帰還〉運動を組織したが,リベリア政府の背信により挫折。27年アメリカから追放され,ロンドンで客死したが,広く欧米,アフリカ世界の黒人に人種的誇りと向上への希望を植えつけた功績は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ガービーの関連キーワードチャーリー シェイバースビール(アルコール飲料)ロサンゼルス・ドジャースサンディエゴ・パドレスサッポロラガービールアフリカへ帰れの運動あの日にかえりたいメルツェンビールクラフトビールルビーの指環ラガービール山下ケイジピルスナー鈴木コウヤ沼津ラガー久野明孝深澤尚吾ライマメ鹿野始士斎藤静香

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android