コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キエルツェ Kielce

2件 の用語解説(キエルツェの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キエルツェ【Kielce】

ポーランド南東部,同名県の県都。人口21万3800(1995)。シベントクシュスカ山地の中央部にあり,ビスワ水系ニーダ川の小さな谷に発達した古い町(1084年に記録に登場)で,農業地域の小中心地であったが,銅鉱石,鉄鉱石,大理石など資源に恵まれ,機械・金属工業を中心に化学・木材加工・食品工業が戦後急速に発展した。【山本 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キエルツェ
きえるつぇ
Kielce

ポーランド南東部、シフィエントクジ県の県都。人口21万0315(2002)。シベントクシュスカ山地のほぼ中央部にあり、ビスワ川水系ニーダ川の小さな谷に発達した古い町。農業地域の中心都市の性格をもっていたが、銅、鉄鉱石、大理石の資源に恵まれ、第二次世界大戦後、地方工業化政策のモデルとして機械金属工業を中心に、化学、木材加工、食品加工など各種の工業が急速に発展している。町の起源はさだかではないが、12世紀には記録に現れている。第一次世界大戦では戦場となり、また第二次世界大戦中にはドイツ軍政府が置かれた。僧院や司教の館(やかた)などの史跡も多い。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キエルツェの関連情報