コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キキョウラン Dianella ensifolia DC.

2件 の用語解説(キキョウランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キキョウラン【Dianella ensifolia DC.】

日本では本州,四国,九州の南西部の海岸地帯と沖縄諸島に野生するユリ科の多年草イラスト)。茎は高さ60~80cmで,上部は円錐花序となる。葉は根もとに集まり2列互生し,基部は扁平で重なり合う。葉身は線形で,長さ50cm程度,質はかたい。花期は7~8月。花被片は淡紫色で,黄色の葯とのコントラスト鮮やかである。花糸はS字形に曲がり,上部は肥大する。葯は裂開せず,頂部の孔から花粉を出すという特殊な性質をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キキョウラン
ききょうらん / 桔梗蘭
[学]Dianella nemorosa Lamk. f. f. racemulifera Schlitter

ユリ科の多年草。太く地下をはう地下茎をもち、太い数本の根がある。茎は高さ60~80センチメートル。葉は茎の下部に重なって2列につき、線形で長さ40~50センチメートル、幅1.5~2センチメートル、先端は鈍くとがり、しばしば枯れる。5~7月に大きな円錐(えんすい)花序を茎の頂につけ、下向きに開く青碧(せいへき)色の花を多数つける。液果は卵球形碧紫色で、径4ミリメートル。和歌山県および四国、九州の海岸から沖縄、台湾、ボルネオ島に広く分布する。名は花色がキキョウに似ることによる。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キキョウランの関連キーワードアオサギ四国地方ホルムスク台風の上陸裏日本かんこの木黒鷺車輪梅内地樫帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キキョウランの関連情報