コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサントプロテイン反応 キサントプロテインハンノウ

デジタル大辞泉の解説

キサントプロテイン‐はんのう〔‐ハンオウ〕【キサントプロテイン反応】

xanthoprotein》たんぱく質の検出反応の一。試料に硝酸を加えて加熱すると黄色になり、冷やしたのちアンモニアを加えると橙(だいだい)色になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キサントプロテイン反応【キサントプロテインはんのう】

タンパク質の呈色反応の一つ。タンパク質を含む試料の少量に濃硝酸1mlほどを加えて煮沸すると黄色になり,冷やしてからアンモニアまたはアルカリを加えると黄だいだい色になる。
→関連項目硝酸タンパク(蛋白)質

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キサントプロテインはんのう【キサントプロテイン反応 xanthoprotein reaction】

タンパク質の呈色反応の一つ。ある種のタンパク質を含む試料に少量(1ml程度)の硝酸を加えて数分間熱すると黄色を呈する。さらにこれを冷却した後,アンモニアでアルカリ性にすると橙黄色になる。これは,ベンゼン核をもつアミノ酸(フェニルアラニンチロシントリプトファンなど),およびこれらを含むタンパク質についてみられる反応で,ベンゼン環がニトロ化されるために起こる呈色である。誤って指に硝酸をつけると,その部分が黄色くなるのはこのためである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キサントプロテインはんのう【キサントプロテイン反応】

タンパク質検出反応の一。チロシンなどのベンゼン環をもつアミノ酸、あるいはそれらを含むタンパク質に濃硝酸を加えて加熱すると黄色になり、冷却後アンモニアでアルカリ性にすると橙黄色を呈する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサントプロテイン反応
きさんとぷろていんはんのう
xanthoprotein reaction

タンパク質の呈色反応の一つ。xantho-はギリシア語のxanths(黄色)に由来する接頭語。proteinはタンパク質。タンパク質が黄変する現象を示す用語。タンパク質を含む物質の少量に濃硝酸1ミリリットルほどを加え、数分間煮沸すると黄色となる。冷却後アンモニアでアルカリ性にすると橙黄(とうこう)色に変化する。この反応は、ベンゼン環をもつチロシン、トリプトファン、フェニルアラニンなどのアミノ酸自身、またこれらを含むタンパク質でもおこるもので、呈色はベンゼンのニトロ誘導体生成に基づくものであるとされている。血清アルブミンに比べ、これら芳香族アミノ酸の組成比が3分の1程度のコラーゲンやゼラチンは発色性が低い。化学実験などで濃硝酸を扱ったとき、手や指などが黄色になるのは、この反応のためである。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キサントプロテイン反応の関連キーワード蛋白質

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android