コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノカミソリ

2件 の用語解説(キツネノカミソリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キツネノカミソリ

本州〜九州,東アジアの野原や,山麓にはえるヒガンバナ科多年草。葉は緑白色線形で柔らかく,春に出て夏には枯れる。8〜9月,高さ30〜50cmの花茎を出し,数個の黄赤色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノカミソリ
きつねのかみそり / 狐剃刀
[学]Lycoris sanguinea Maxim.

ヒガンバナ科の多年草。鱗茎(りんけい)植物。鱗茎は広卵形、径2~4センチメートル、外皮は黒褐色になる。葉は長さ30~40センチメートル、幅8~10ミリメートル、早春に伸び、夏には枯れ、葉の枯死後に花茎が出る。花茎は高さ30~50センチメートル、茎頂に3~5花をつける。花は8月に開き、黄赤色、花被片(かひへん)は長さ5~8センチメートル、雄しべは6本で花被片とほぼ同じ長さ。本州、四国、九州および中国に自生し、北海道(渡島(おしま))に帰化した報告がある。名は、葉形を剃刀(かみそり)に見立てたもの。変種のオオキツネノカミソリは全体がより大きく、花被片は長さ9センチメートルに及び、雄しべは花冠から伸び出る。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキツネノカミソリの言及

【ヒガンバナ(彼岸花)】より

…ヒガンバナ同様三倍体で,種子を結ばない。キツネノカミソリL.sanguinea Maxim.(イラスト)は本州,四国,九州に広く野生し,花は朱色で花被のへりは波打たない。花色,花被の形や大きさなどにいろいろな変異があり,いくつかの変種が区別されている。…

※「キツネノカミソリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キツネノカミソリの関連情報