コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌバネドリ キヌバネドリ Trogonidae; quetzals, trogons

2件 の用語解説(キヌバネドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌバネドリ
キヌバネドリ
Trogonidae; quetzals, trogons

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥の総称。全長 25~40cm(90cmほどもある長い尾羽を除く)。約 40種からなり,アフリカアジア中央アメリカ南アメリカに分布する。中央アメリカにすむ尾羽が長くてたいへん美しいカザリキヌバネドリケツァールPharomachrus mocinno は,グアテマラ国鳥で通貨単位名(ケツァル)にもなっており,観光の目玉としてよく知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌバネドリ
きぬばねどり / 絹羽鳥
trogon

鳥綱キヌバネドリ目キヌバネドリ科に属する鳥の総称。種類により嘴(くちばし)の縁が鋸歯(きょし)状になっているため、一名コウシチョウ(交嘴鳥)ともいう。この科Trogonidaeには約8属34種の鳥が属する。全長23~37センチメートル。ただし、ケツァールPharomachrus mocinnoの雄は、飾り羽を含めると全長1メートルに及ぶ。どの種も、緑、青、赤、橙(だいだい)、黄色などのはでな色の羽毛をもった美しい鳥で、アフリカ(3種)、熱帯アジア(11種)、中央・南アメリカ(20種)に分布する。多くのものは熱帯の低地の森林にすむが、標高1000~4000メートルの高地の森林に生息するものもある。単独かつがいで生活し、留鳥である。食物は昆虫類と漿果(しょうか)および果実で、枝の上にじっと止まって獲物を見張り、発見すると飛び出して捕食する。足は非常に短く弱く、地面に降りることはない。樹上では、美しい羽色が周囲のジャングルの中に溶け込み、優れた隠蔽(いんぺい)色の効果を発揮するので、キヌバネドリ類はなかなかみつけにくい。巣は樹洞やキツツキ類の古巣などの中につくられ、ハチやシロアリの巣に穴をあけて営巣するものもいる。1腹の卵数は2~4個、抱卵および育雛(いくすう)は雌雄交代であたる。キヌバネドリのなかでいちばん有名な鳥は、中央アメリカに分布するケツァールであろう。この鳥は金属光沢のある緑色の羽毛と長い飾り羽をもち、世界でもっとも華麗な鳥といわれる。また、古代マヤ文化の崇拝の対象だったほか、現在でもグアテマラの国鳥でありシンボルマークとしてもよく知られている。アジアに分布する11種はインドからマレー諸島、フィリピンまで分布し、いずれもよく茂った森林にすんでいるので、その生態は十分にはわかっていない。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヌバネドリの関連キーワード鰹鳥絹機絹針ケツァール五色鳥信天翁知目鳥烏帽子鳥キヌバネドリ(絹羽鳥)ハチクイキヌバネドリ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone