キハダ(植物)(読み)キハダ

百科事典マイペディアの解説

キハダ(植物)【キハダ】

北海道〜九州,東アジアの山地にはえるミカン科の落葉高木。樹皮は淡黄褐色で厚いコルク層をなし,内皮は黄色となる。葉は対生し,裏が粉白色で,5〜13枚の小葉からなる奇数羽状複葉。雌雄異株で,5〜6月,小枝の先に黄緑色の小花を円錐状につける。果実は球形で径約1cm,秋に黒熟。内皮をオウバク黄柏黄蘗)といい,健胃薬とし,陀羅尼助(だらにすけ)の主成分。染料にも用いる。材を家具,細工物とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android