コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キム・ジョンピル(金鍾泌) キム・ジョンピルKim Jong-pil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キム・ジョンピル(金鍾泌)
キム・ジョンピル
Kim Jong-pil

[生]1926.1.7. 忠清南道
韓国の政治家。 1948年韓国陸軍士官学校卒業。 51年陸軍本部情報局北朝鮮班長。パク・チョンヒ (朴正煕) とともに 61年5月 16日のクーデターを指導し,軍事政権においては中央情報部長。 62年 10月東京で日韓交渉の骨子をまとめ,63年民政移管後は民主共和党の組織推進に努めた。同年 11月国会議員,同 12月民主共和党議長。 64年同党議長辞任,65年議長再任,67年国会議員当選。 68年議長辞任ののち民主共和党を離党,議員資格を喪失した。 71年再び国会議員,首相に就任。 73年民主共和党副総裁,75年 12月首相を辞任。 80年不正蓄財のかどで連行された。その後政治活動から遠のいていたが,88年新民主共和党を創設,総裁に就任。同年 12月の大統領選挙に出馬。 90年2月の三党合同により民主自由党の最高委員に就任。 92年8月代表最高委員に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キム・ジョンピル(金鍾泌)の関連キーワード自由民主連合[大韓民国]民主自由党[大韓民国]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android