コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャップランプ キャップランプcap lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャップランプ
cap lamp

安全帽の上につけて前方を照す電灯。小電球と反射鏡から成り,腰につけた蓄電池コードで連絡させる。鉱山の坑内や建設現場の夜間作業などで使用し,通常8時間以上点灯することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キャップ‐ランプ

《〈和〉cap+lamp》坑内作業や夜間工事などで、ヘルメットなどの前面に取り付けて用いる照明灯。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キャップランプ

安全灯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

キャップランプ【cap lamp】

炭鉱などで、坑内帽前面に取り付けるランプ。キャップ-ライト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャップランプ
きゃっぷらんぷ
cap lamp

ヘッドピースhead pieace(灯具)を保安帽の前部に取り付け、蓄電池をベルトで腰に巻き付けるか背負い袋で吊(つ)るすかして、両者をキャブタイヤケーブルcabtyre cable(ゴム絶縁を施した電線)で接続した個人用照明器具。携帯型安全電灯ともいう。鉛蓄電池式とアルカリ蓄電池式があり、2メートル離れた垂直面の照度は50ルクス以上ある。ガス、炭塵(たんじん)爆発のおそれのある炭鉱で使用され始めたが、現在は一般の鉱山やトンネル工事などでも広く使われている。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキャップランプの言及

【安全灯】より

…炭鉱の坑内で照明に用いられる灯で,メタンガス爆発に対して安全な構造になっているもの。以前は揮発油を燃料とするウルフ安全灯を用いていたが,現在では電気安全灯が広く用いられ,日本では,軽便で光力が強く,つねに顔の向く方向が照らされるので作業上便利なキャップランプcap lamp(帽上電灯)が広く普及している。ウルフ安全灯は,ドイツのウルフC.Wulfによって1883年に考案されたもので,灯内部での燃焼によって発生した熱が,周囲に設けられた金網を通る際に奪われて,外気流の着火温度以下になるように設計されている。…

※「キャップランプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャップランプの関連情報