コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全灯 あんぜんとうsafety lamp

翻訳|safety lamp

5件 の用語解説(安全灯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全灯
あんぜんとう
safety lamp

炭鉱など爆発性ガスのあるところで,爆発を防ぐために用いる照明装置。灯油,揮発油などのランプを金属製の網で包んだ炎式安全灯と,電池を使用する電気式安全灯の2種がある。前者は炎の長さの変化によって,坑内のメタンガスの濃度測定ができるが,最近はほとんど使用されなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐とう【安全灯】

炭坑などで、爆発性ガスに引火しないように工夫された灯火装置。ランプの炎を目の細かい金網の筒で覆い、腰ガラスをつけたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

安全灯【あんぜんとう】

炭鉱の坑内用灯火。坑内で発生したメタンガスが引火しないよう防爆形の工夫がされており,揮発油安全灯と電気安全灯がある。前者は手さげ形で揮発油の燃焼炎光を利用,現在はガス検定用に一部使用されるだけ。
→関連項目カンテラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんぜんとう【安全灯 safety lamp】

炭鉱の坑内で照明に用いられる灯で,メタンガス爆発に対して安全な構造になっているもの。以前は揮発油を燃料とするウルフ安全灯を用いていたが,現在では電気安全灯が広く用いられ,日本では,軽便で光力が強く,つねに顔の向く方向が照らされるので作業上便利なキャップランプcap lamp(帽上電灯)が広く普及している。ウルフ安全灯は,ドイツのウルフC.Wulfによって1883年に考案されたもので,灯内部での燃焼によって発生した熱が,周囲に設けられた金網を通る際に奪われて,外気流の着火温度以下になるように設計されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安全灯
あんぜんとう
safety lamp

爆発性のメタンガスが存在する炭鉱の坑内で使用する照明具。蓄電池を腰に携帯し、安全帽に灯部を装着するキャップランプ形安全電灯は電気的、物理的にメタンガスに着火しないように作られていて、明治後期に輸入されて普及、1933年(昭和8)ごろから国産化された。それ以前は揮発油安全灯が使用された。19世紀の初期、イギリスの炭鉱では坑内照明具が着火源となってガス爆発が多発して困っていた。イギリスの化学者デービーはガスの炎の上に目の細かい金網をかざすと、たとえ金網より上に燃焼性のガスが存在していても、網を通してこれに着火することはないという現象を観察し、これに基づいて1815年に、揮発油の炎を金網の筒で包んだ安全灯を発明した。同じころデービーとは独立にクラニーW. R. ClannyやスティーブンソンG. Stephensonらも同様な原理の安全灯を発明した。デービー灯は金網だけを用いていたので照明具としては暗く不十分であったが、クラニー灯は腰ガラスと金網からなり照明具として優れていた。のちにこれをドイツのウルフ社が改良し日本にも導入され、ウルフ灯は安全灯の代名詞のようになった。メタンガスが安全灯の灯内に入ると、ガスの濃度に比例して炎が伸びるので、炎の長さを測ってガス濃度を知ることができる。安全灯は現在照明具としては使用されていないが、簡易可燃性ガス検知器として認められている。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安全灯の関連情報