キャビン(英語表記)CABIN CO., LTD.

日本の企業がわかる事典2014-2015「キャビン」の解説

キャビン

正式社名「株式会社キャビン」。英文社名「CABIN CO., LTD.」。小売業。昭和46年(1971)「株式会社東京カジュアルウェア」の小売部門が分離独立し設立本社は東京都千代田区九段北。ファーストリテイリング子会社の衣料品販売会社。婦人服専門店をチェーン展開。主力はヤングカジュアル。生活雑貨も扱う。東京証券取引所第1部旧上場。平成19年(2007)上場廃止。同22年(2010)同じくファーストリテイリング子会社のリンク・セオリー・ジャパンに吸収合併

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「キャビン」の解説

キャビン

カジュアルウェアのチェーン店。1971年創業。10~20代の女性を対象にクリスチーヌ,ザ・コンセプト,ザジなどのブランドで成長した。1989年にメンズ事業,インテリア事業に進出し,郊外大型店舗を展開。その後,ブランドの統廃合を進めつつ,自社企画ブランドへの移行・拡充に力を注いだ。2010年,衣料品小売最大手のファーストリテイリング子会社のリンク・セオリー・ジャパンに吸収合併された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「キャビン」の解説

キャビン

〘名〙 (cabin)
船室。また、飛行機の客室。「キャビンアテンダント」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「雑未耶(ザビイヱイ)は船房(カビン)を受けたれども、これに居らず」
小屋
の夢(1971)〈大庭みな子〉九「炭焼小屋といったほうがよいキャビンだったから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「キャビン」の解説

キャビン(cabin)

《「ケビン」とも》
小屋。
船室。また、航空機の客室。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「キャビン」の解説

キャビン

JT製造、販売するタバコのブランド。「マイルド」「ローストブレンド」などのほか、ボックスタイプがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android