コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャピタルゲイン課税 キャピタルゲインかぜいcapital gain taxation

2件 の用語解説(キャピタルゲイン課税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャピタルゲイン課税
キャピタルゲインかぜい
capital gain taxation

株式,不動産などの資産の価格が上昇したときに,その価値の増加分に対して課税することをいう。これには,資産価値の増加が,その売却などによって実現した場合に課税するケースと,資産価値の増加が実現していなくても,いわば含み資産の増加に課税するケースがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

株式公開用語辞典の解説

キャピタルゲイン課税

株式公開が実現され、有価証券の譲渡による所得に対しての課税を意味し、所得税・住民税が課税されることが原則となっています。有価証券の譲渡による所得は、一般的には「譲渡所得」である。但し営利を目的として継続的に譲渡される資産の所得に関しては、事業とみられる規模で行った取引は「事業所得」で、事業に至らないような規模で行う継続的取引によるものは「雑所得」と見なされます。居住者または、国内に恒久的施設を有する非居住者が株式等の譲渡をした場合には、その譲渡にかかる譲渡所得等については、申告分離課税にて確定申告をおこなわなくてはなりません。平成13年度の税制改正までは、申告分離課税か源泉分離課税のどちらかの課税方法を選択できましたが平成14年12月31日に廃止されました。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
株式公開用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャピタルゲイン課税の関連情報