キャプスタン(英語表記)capstan

翻訳|capstan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車地。もと (いかり) の巻上げ装置で,鼓形のをもち,頭部の数本のに棒を差込んで人力で胴を回し,巻きつけたで錨を引上げる。これを転用して,電動機などの機械力とワイヤロープを使い,重量貨物の引寄せや,鉄道車両の牽引入替え,重量機械の据付けなどに用いる。ゆっくりした作業なのであまり大きい原動力は必要でなく,通常 10馬力以下。巻上げ機と違って水平牽引用である。地引網綱引きに使う巻きろくろも,形状はやや異なるが一種のキャプスタンである。また,テープレコーダテープ駆動機構に用いられる金属の回転もキャプスタンと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ウインチの一種。縦軸の胴を回転させて、ロープ・ワイヤ・鎖などを巻き込む装置。絞り盤。
テープレコーダーなどで、モーターにより定速回転をしながらピンチローラーとの間にテープを挟んでテープを送り出す軸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロープやチェーンを巻き込むのに用いる巻取り装置(係装置)の一つ。一般に船舶の船首や船尾部に設けられる。台座の上に垂直に立てた綱巻き胴(バレル)が、中心軸とともに回転するようになっている。ロープやチェーンを固定せず胴に2~3回巻き、その自由端から水平に引き寄せながら巻き取る。胴の回転には手動と、蒸気や油圧駆動、電動モーターによる駆動方式とがある。手動の際は、キャプスタンバー穴にキャプスタンバーを差し込み、胴回りに水平に押して回転させる。大きな巻取り荷重による逆回転を防止するため、胴の下端に歯止め(蒸気、油圧、電動駆動ではブレーキ)が取り付けられている。現在の商船では単独に使用されるキャプスタンは少なく、ウィンドラスの端に設けたワーピングドラムか揚貨機が利用されている。またキャプスタンは、陸上では貨車の移動などにも使用されている。[岩井 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (capstan)
① 中央部が細くなった縦形の巻胴と、それを動かす動力部分から成るウインチの一種。主として船と船とをつなぐもやい索を巻き取るのに使用される。〔外来語辞典(1914)〕
② テープレコーダーなどで、テープを定速で走行させるための円筒形の部品。これとピンチローラーとの間にテープをはさみ、回転運動によってテープを送り出す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android