キャラボク

百科事典マイペディアの解説

キャラボク

イチイ科の常緑低木。イチイの変種で,本州の日本海側の亜高山帯に自生。観賞用としてよく栽植される。幹はふつう直立せず,多くの枝に分かれて横に広がる。葉はイチイに似ているが,幅はやや広くて厚く,輪生状につく。雌雄異株。果実は秋に成熟。種子は赤く多肉質の仮種皮に囲まれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャラボク
きゃらぼく / 伽羅木
[学]Taxus cuspidata Sieb. et Zucc. var. nana Rehd.

イチイ科の常緑低木。高さ2、3メートル、径10センチメートル以下のものが多いが、まれに高さ8メートル、径30センチメートルに達するものがある。幹は横に広がって斜上し、密に小枝を分ける。葉は基本種のイチイに似ているが、葉幅が広く厚みがあり、先端は急に鋭くとがり、濃緑色で螺旋(らせん)状に密に互生してつく。雌雄異株。3~4月に小枝の葉の間に小形の花を開く。雄花は小さい楕円(だえん)形の花序をつくり黄色、雌花は淡黄色で葉腋(ようえき)に単生する。仮種皮は成熟すると紅色で多肉質となり、その中央に褐紫色で核状の種子が1個ある。鳥取県大山(だいせん)のものは有名で国の天然記念物に指定されている。陰樹であるが大きくなると日当りのよい所でも育つ。萌芽(ほうが)力が強く、庭園樹とされ、日本式庭園にも洋式庭園にも適した木で、広く植栽される。普通は挿木で殖やす。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキャラボクの言及

【イチイ(一位)】より

…シベリア東部,サハリン,中国東北,朝鮮と南千島から鹿児島県高隈山までの温帯上部と亜寒帯のやや湿潤な土地の山林中に混生する。高さ1~2mの匍匐(ほふく)性低木になるのがキャラボクvar.nana Rehd.で庭園に植えられるが,鳥取県大山などの高山にこれに似たイチイが生育している。心材は紅褐色で加工性・保存性ともに優れており,鉛筆材としては日本産中最良であり,また彫刻材,床柱,風呂桶などに利用される。…

※「キャラボク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャラボクの関連情報