コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヤノン[株] キヤノン

百科事典マイペディアの解説

キヤノン[株]【キヤノン】

1933年精機光学研究所として発足。35mm高級カメラで発展,1961年には中級機にも進出,全国市場の最大手のメーカー。ほかに各種光学機器,複写機,電卓,スキャナー,プリンターなどを生産。
→関連項目キヤノン販売[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キヤノン[株]

日本の代表的なカメラ・メーカー。OA関連機器にも展開。世界的な技術力を保持し,製品の7割以上を輸出する。1933年,高級カメラづくりに熱意を燃やした前田武男らによって精機光学研究所として創業。2年後1号機を完成,観音の慈悲を願って〈カンノンカメラ〉と名づけたが,まもなく〈キヤノン〉に改めた。37年精機光学工業(株)を新たに設立した。39年に開発した国産初のX線カメラを含め,第2次大戦前は測距機など軍用光学機器を生産した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

キヤノン[株]の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android