コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュロン Kylōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュロン
Kylōn

前7世紀頃のギリシア,アテネの貴族。妻の父でメガラの僭主テアゲネスの援助により,アテネの僭主になろうと反乱を起し,アクロポリスを占領したが失敗。彼は逃亡したが,その仲間は祭壇へと逃れたにもかかわらず殺された。アルクメオン家の涜神罪はこの事件に由来する。

キュロン
Kylōn

前6世紀のスパルタの民選長官 (エポロス) 。スパルタの外交政策に転換を与えた。スパルタ風の格言が多く,ギリシア七賢人の一人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュロン【Kylōn】

アテナイの貴族。生没年不詳。前640年オリュンピア競技で2種目に優勝。隣国メガラの僭主テアゲネスの娘をめとり,岳父や仲間に支援されてアテナイのアクロポリスを占領し,僭主政治を樹立しようとした(前632または前628)。しかし民衆は彼に従わず,アルコンのメガクレスなどに指揮されてアクロポリスを包囲した。キュロンは脱出したが,少数の仲間は祭壇にすがりついて嘆願したにもかかわらず,引き離されて処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキュロンの言及

【アテネ】より

…ヘシオドス自身が示すような平民による仮借ない貴族批判も,このような社会的状況のたまものであり,またそこにこそポリス民主政成立の歴史的前提があった。 アテナイの貴族支配に初めて動揺の兆しが見られるのは,前632年のキュロンの反乱である。名門貴族出身のキュロンの目的は,当時アテナイ国内に醸成されつつあった平民たちの不満を背景に,貴族の集団支配を倒して非合法の独裁政権すなわち僭主政を樹立しようとするものであったが,この企ては失敗におわった。…

※「キュロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キュロンの関連キーワードクレイステネスアテナイ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android