コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教精髄 キリストきょうせいずいLe génie du christianisme ou beauté de la religion chrétienne

2件 の用語解説(キリスト教精髄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教精髄
キリストきょうせいずい
Le génie du christianisme ou beauté de la religion chrétienne

フランスのロマン主義作家フランソア・ルネ・ド・シャトーブリアンの著作。 1798年フランス革命のなかで書きはじめられ,1802年4月,国家と教会が和解したときを待って公刊された。 18世紀の哲学者たちの宗教への風刺に対し,宗教は美であり偉大さの源であること,文明は根本的にキリスト教的であり,キリスト教が生を人間的にするものであることを主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キリストきょうせいずい〔‐ケウセイズイ〕【キリスト教精髄】

《原題、〈フランスGénie du christianismeシャトーブリアンの著作。1802年刊。副題「キリスト教の美」。全4部からなり、挿話として第3部に「アタラ」、第4部に「ルネ」が収録されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone