コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キロン キロン Chiron

翻訳|Chiron

2件 の用語解説(キロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キロン(Chiron)

彗星小惑星遷移天体の一。1977年に小惑星として発見され、のちに彗星に特徴的な急激な光度変化や中心核が観測され、現在は小惑星と彗星のどちらにも分類されている。名称はギリシャ神話ケンタウロスの賢者ケイロンに由来する。軌道長半径は13.7天文単位で、木星と天王星に軌道をもつケンタウロス族に属し、公転周期約51年で巡る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キロン
きろん
Chilon

生没年不詳。古代ギリシアスパルタの政治家。紀元前556/555年の筆頭エフォロス(スパルタの最高役職名)で、ギリシア七賢人の一人。彼はエフォロイ(エフォロスの複数形)の権限を強化し、古典期スパルタの政治機構においてエフォロイが中心的位置を占める基礎を据えた。また反僭主(せんしゅ)政策を推進して、シキオンの僭主政打倒にあずかった。スパルタの併合政策を変更してペロポネソス同盟形成の第一歩を踏み出したとも目されている。息子がオリンピア競技の拳闘(けんとう)で優勝するのを見、その祝宴の直後に亡くなったという。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キロンの関連キーワード太陽系小天体大惑星アポロ群逆行小惑星ケンタウロス族枯渇彗星核CAT天体彗星小惑星遷移天体母天体ダモクレス族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キロンの関連情報