ギニア共和国(読み)ギニアきょうわこく(英語表記)La République de Guinée

旺文社世界史事典 三訂版「ギニア共和国」の解説

ギニア共和国
ギニアきょうわこく
La République de Guinée

アフリカ大陸西岸にあり,大西洋に面する共和国。首都コナクリ
15世紀以降,ポルトガルの奴隷貿易の基地となる。19世紀後半フランスの植民地になると,サモリ=トゥーレは侵略してきたフランス軍と戦うが逮捕され,流刑地で死去。1957年準自治国となり,翌58年10月フランス共同体から離脱して独立を宣言。このため,フランスとの関係は悪化し,経済援助なども打ち切られたが,1961年セク=トゥーレが初代大統領(1968年に再選)に就任し,アフリカ民族主義に根ざす社会主義の建設を進めている。1984年トゥーレ大統領の死後クーデタコンテ大佐が政権を掌握,自由主義路線を進める。1991年末,大統領の直接選挙制,民政移管,複数政党制を盛り込んだ憲法改正法案を国民投票で承認。1993年末の初の複数政党制の大統領選でコンテが当選。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ギニア共和国」の解説

ギニア‐きょうわこく【ギニア共和国】

アフリカ西部、大西洋に面する共和国。セネガル、ギニアビサウ、マリ、コートジボアール、リベリア、シエラレオネに囲まれる。首都コナクリ。古くはガーナ、マリ両王国に支配された。一八六〇年フランス領、九五年フランス領西アフリカ連邦の構成国の一つとなった。一九五八年独立。農業を主とし、鉄鉱石、ボーキサイトの採掘が行なわれ、コーヒー、バナナ、パイナップルなどを輸出する。ギニア。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android