コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョウジャニンニク

百科事典マイペディアの解説

ギョウジャニンニク

ユリ科の多年草。北海道,本州(近畿以北),北東アジアに分布し,深山の林下にはえる。鱗茎は披針形で,褐色の網状繊維におおわれる。葉は平らな楕円形で,ネギ類としては特異な形を示し,花後枯れてしまう。
→関連項目アリウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギョウジャニンニク
ぎょうじゃにんにく / 行者忍辱
[学]Allium victorialis L. subsp. platyphyllum Hultn

ユリ科の多年草。鱗茎(りんけい)は披針(ひしん)形で、網目状の繊維からなる外皮に包まれる。幼植物は狭長楕円(だえん)形の葉を1枚のみつけるが、成熟個体は長楕円形の葉を2枚つける。葉身はやや肉質で深緑色、長さ20~30センチメートル、基部は鞘(さや)となって花茎を包む。5、6月に40~70センチメートルの花茎を出し、その先端に散形花序をつける。花は一見ネギに似て白色で、多数の花がつくので全体が球形となる。北海道、本州中北部から中国大陸にかけて広く生育し、母種はヨーロッパに分布する。名は、行者が食べるニンニクの意味。臭気がきわめて強いが食用となる。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のギョウジャニンニクの言及

【ネギ(葱)】より

…地下茎はしばしばタマネギのように肥大した鱗茎を形成するが,これは葉の基部が肥大したものである。葉は,多くはネギのように中空の円柱状であるが,ギョウジャニンニクのような扁平な葉を有するものもある。花茎は円柱形,通常中空で,頂端に多数の花を集めた花序を1個だけつける。…

※「ギョウジャニンニク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギョウジャニンニクの関連キーワードギョウジャニンニク・ノビルアララギ(イチイ)イヌサフラン叡山忍辱スズラン禅定忍辱散形花序天台忍辱叡山蒜天台蒜十二単野菜類山蒜小蒜山蘭蘭葱山葫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギョウジャニンニクの関連情報