コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クアンタン Kuantan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クアンタン
Kuantan

マレーシア,マレー半島南部,パハン州州都南シナ海にのぞむ港町で,スズ,ゴム,コプラなどをシンガポールに積出す。織物,人形,銀細工などの家内工業が発達。半島横断道路でクアラルンプールと結ばれるため,東西交通の要衝となっている。人口 13万 1547 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クアンタン(Kuantan)

マレーシア、マレー半島東岸の都市。パハン州の州都。南シナ海に面し、クアンタン川の河口に位置する。クアラルンプールに向かう国道の起点であり、大規模な港をもち、東岸中央部における商工業の中心地となっている。市街中心部にはスルターンアフマド1世モスク、クンムティング寺院などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クアンタン【Kuantan】

マレーシアの半島部の中部東海岸,クアンタン河口に成立した港町。1955年からパハン州の州都。人口19万9000(1991)。最近20年間の人口増加率は半島東海岸都市中で最大。半島の横断・縦断道路の交点に位置し,工業開発の拠点に指定された。周辺には水田,ココヤシ・ゴム園がひろがり,南郊は果物の大産地である。北郊の海岸は保養地として知られる。1941年12月10日,マレー沖海戦の舞台となったのは,この町の沖合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クアンタン
くあんたん
Kuantan

マレーシア本土、マレー半島東海岸パハン州の州都。クアンタン川河口に位置し、南シナ海に臨む。人口28万3041(2000)。町の南部一帯は未開拓で湿原が展開する。人種構成ではマレー人が優越し、米作を行うが、ゴム栽培も一部では発展しつつある。半島を横断して西海岸のクアラ・ルンプール方面に至る国道の起点でもあるため、太平洋戦争の初期、マレー進攻を目ざす日本軍の上陸地となった。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クアンタンの関連キーワードスルターンアフマド一世モスクプリンス・オブ・ウェールズアセアン海底ケーブル計画チェラティンマレーシアパハン川チニ湖

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クアンタンの関連情報